拡大縮小元に戻す

Home > イナダ、サワラの釣り方

イナダ、サワラの釣り方 

はじめに

 ルアー、メタルジグで一番手軽に釣れるのが「イナダ、サワラ」です。たまに小学生を連れていったりしますが高学年なら十分釣れちゃいます。 基本的にルアーをキャストしたら巻くだけですからね(笑)
 とは言ってもいつでも釣れるわけではありませんがイナダは回遊性が高いので回ってきたときは爆です。  
私の釣果をご覧ください。
ルアーフィッシングを始めた方はイナダ釣りから入る方も多いと思います。

 新潟のイナダは春に対馬海流に乗り北上します。 新潟で釣れ始めるのは5月位で7月位まで釣れます。 秋はその逆で南下してきます。9月から12月といったところでしょうか。
 ですから、春のイナダは南の情報、秋のイナダは北の情報に注意しましょう。
サワラの場合は3月位に群れが入ってきて5月頃イナダが入るのと入れ替わりに去っていきます。
しかし、最近は地球温暖化の影響からか水温が高く居残っているサワラもいるようです。


タックル

ロッド

 9フィートから12フィートのシーバスロッドです。 東港の場合堤防から釣ることが多いので、少し固めのロッドが良いです。柔らかめのロッドだと抜きあげ時にポッキリって事もありますのでその場合はタモを用意しましょう。
 逆に硬すぎるロッドだと、釣れてもロッドパワーがありすぎて面白くありません。

リール

 2500〜3500番がちょうどいいです。基本的に大きいリールの方がメタルジグの飛距離、巻き取りスピードが良いですが大きすぎると重くなり疲れます(笑)
 また、釣れてもイナダが水面を引きずられて来ますので面白みが半減します。

ライン

1号〜2号のPEラインがお勧めです。ナイロンラインでもかまいませんが、アタリが取りづらい事とジグの飛距離を考えるとPEでしょうか。 

リーダー

ナイロン3〜5号 こいつは必須です。 1m位あればいいでしょう。特にサワラの場合歯が鋭いので簡単に切られてしまいます  ワイヤーリーダーを使う手もありますが、この場合極端に食いが悪くなってしまうのであまりお勧めできません。 

ルアー、メタルジグ

 中心となるのは20〜40gのメタルジグです。ロッドにあったウェイトを選びましょう。ウェイトオーバーはロッドに負担が大きいのでロッドの張りがなくなってしまいます。 色については後段で解説します。

プライヤー

 必ず用意しましょう。 100円ショップの安物でも構いませんが、すぐにさびてしまいます。 魚からルアーを外すときは必ずプライヤーを使いましょう。特にサワラは歯が鋭いので下手をすると流血です。 近頃堤防で流血している人を良く見かけます。


実釣開始!

 周りの人や、電線等に注意してフルキャストです。
 着水したら一度ルアーをボトムまで沈めます。ルアーが茶区呈したら沈んだら巻き取ります。このときラインテンションがフワッと緩みますのでルアーが着底した目安になります。
これを繰り返します。 反応が無いようならルアーを沈める深さを変えます。 周りで釣れている人がいればどのくらいルアーを沈めているのかを確認して参考にしましょう。
 ルアーが着底してからロッドを大きく煽って縦のアクションを付けると効果が上がります。


ルアーのサイズ

ルアーのサイズに関しては、小さい方が比較的良い釣果を得られます。特にシラスを追っている場合はナブラがたっても大きいジグにまったく反応しない場合もあります。
最近のルアーでは「タングステン」といった素材を使用し同サイズでも比重が高い素材を使ったルアーも発売されています。 


ルアー、メタルジグのカラー

特にこだわる必要はありません。  イナダは色盲ですのでカラーよりもホログラムなどの反射系を考えたほうが良いです。 もしデジタルカメラがあるようでしたら、持っているジグを白黒モードで撮影してみましう。 

ジグの白黒写真

上から 黄色蛍光・青・ピンク・オレンジ 
イナダの色覚から見た場合写真のようになります。 青はほとんど黒に近い状態で黄色は白に近い状態ですね。 よくピンク系のルアーが良く釣れると言われていますが、これは中間色にあたるためだと思われます。 私の場合は最初はいつもピンク系のルアーです。


フック

 通常はトリプルフックが標準で付いてきますが、私の場合はシングルフックに交換しています。 杞憂かもしれませんがバレにくいのが特徴です。 また、チモトからフリーになっているためフックに直接バイトしてくることもあるんじゃないでしょうか?! 
 アシストフックは装備したほうが良いです。 イナダの場合アシストフックにかかっていることが多いです。 イナダは上から下の魚は追わないそうですので下からベイトの頭を狙ってバイトしているようです。 
 サワラを釣るときはアシストフックをはずしたほうが良いです。これは前段でも説明しましたが歯が鋭いのでリーダー近くで暴れられるとリーダーの切断があるからです。 周りでサワラが釣れているようなら外しておいたほうが無難です。


ナブラ(ワキ)

 時合によってはナブラに遭遇することがあります。 小魚が逃げ回って海面が沸騰したようになった状態です。 ナブラが出ると一斉にキャストが始まりますが一呼吸おいてからキャストしましょう。 一斉にキャストしてもオマツリの元です。 ナブラが多少沈んでも釣れます。 
 ナブラから外れたところや、沈めてみたりするとワラサがヒットすることもあります。


アワセ

 リールを巻いていると「ゴン!」といったイナダ特有のアタリがあります。イナダ、サワラはほとんどの場合が勝手にフッキングしてくれるのでヒットしたら追いアワセを入れる程度で良いでしょう。サワラの場合はジグを飲み込まれるとリーダー切断率が上がりますので気をつけましょう。


フィニッシュ

 足元までイナダを引き寄せたら後は抜きあげかタモ入れにないります。 抜きあげるときは十分にラインを巻きとって魚とのタイミングを合わせて豪快!?に抜きあげましょう。 柔らかめのロッドを使用する場合は必ずタモを使いましょう。まれに「バキッ!!!」何てこともあります。 

その他

 釣れたらルアーをキャストする前にリーダーを確認しましょう! 指でなぞってリーダーにザラツキがあるようでしたら面倒くさがらずリーダーの交換をお勧めします。 特にサワラがヒットした後は傷がついていることが多いです。 これは釣れたサワラを引き寄せているときに食いついているジグにさらにバイトしてくることがあるからです。
 イナダの場合はアシストフックとリアフックのダブルヒットなんて事もありますがサワラの場合はほとんどリーダー切断→ジグロストです。


締める

締め方についてはこちらをごらんください。→ 「イナダの締め方」


Home > イナダ、サワラの釣り方