東港研究所給湯室-海のルアーフィッシング休憩室-

エントリー

2010年12月の記事は以下のとおりです。

キャブの分解洗浄をやってみた。その1-ZZR250のレストア

 前回のサビがキャブにも回っていたので再度洗浄してみた。

 パイピングなどで迷わないようにとりあえず画像を公開しておこうか。

エアクリ側から
ファイル 265-1.jpg
上部から
ファイル 265-2.jpg
エアカットバルブ側から(2番キャブから)
ファイル 265-3.jpg
アクセル側から(1番キャブから)
ファイル 265-4.jpg
エンジン側から
ファイル 265-5.jpg

さてと分解

バキュームピストンから行きます。
ファイル 265-6.jpg

ニードルです。カラーとの順番が重要。
ファイル 265-7.jpg

エアカットバルブです。 リングを交換しました。
ファイル 265-8.jpg

その2に続きます。

ZZR250のレストア費用その4

うーん、結構掛かってきたな。

メッキ用キットの制作費
 ワニ口クリップ 100円
 コード 0円
 アルカリ電池単一2本 200円

タンク関係
サンポール178×4本 = 712円

マフラー関係 
 耐熱塗料 1280円

その他
 タイラップ 100円


計2392円

前回までの計16903円

合計19295円

 最後に不用品をヤフオクで売却予定。 

タンクのサビ取り失敗の巻-zzr250のレストア

 最初に言いますが見事に失敗しました。

 下部のコック用の穴も同様にして水道用ビニールテープで塞ぐ。

 サンポール500mmlをタンク内に投入し希釈用の水を1.5Lとタイヤチェーンを投入。タンク上部は厚手のプチプチをビニールに包んで止栓。

 ひたすらガシャガシャとタンクをシェイク!

 ファイル 263-1.jpg

 縦や横にして15分間隔で向きを入れ替え。

 2時間ほど繰り返して、液を排出。

 ファイル 263-2.jpg

 ひでー!!!!!!!!!!!!

 真っ黒。 

 再度サンポールを1.5L投入し、今度はお湯を投入。 反応が良くなるとか?? タンクギリギリまで注水し完了。

 ここでメイン作業であるメッキの準備。

ファイル 263-3.jpg

 プラス極を亜鉛につないで、マイナス極はタンクのGNDへ接続。
このとき、亜鉛版がGNDに触れるとショートするので気をつける。

 ファイル 263-4.jpg

 電池を入れてテスターでチェック。 確実に電流が流れています。

 ここまでは良かった・・・・

 10分ほどして確認すると・・・・ 


 今回のミスは、実に単純。

 タンクコックの塞ぎ方が甘かった・・・

ファイル 263-5.jpg

ビニールテープの糊がサンポールに侵食されたようです。 今後は板とゴム板を利用してボルト止めしてみたいと思います。

 あーサンポールが無駄になったwww

 しかし、タンク内はかなり綺麗になりました。 欲を言うとタンク上部のサビが少し残っているのでそれが心残りです。

 このままでも問題ないような感じもしますが、せっかくなのでトライしてみたいと思います。

2回目のタンクのサビ取り-ZZR250のレストア

 いつの間にかタンクにオレンジジュースが入っていたようで、エンジン不動。 再度サンポール爆雷を食らわせることにする。

 今回は気合を入れて、チェーンを用意した。

 単純にサビ取りするだけでは面白くないので、今回はタンク内の保護も考えて亜鉛による電気メッキにチャレンジしてみる。

 要は中学生で習った電解液にマイナス、プラスを接続してプラス側にイオン分解された亜鉛を定着させようという寸法だ。

 とりあえず亜鉛を入手。 マンガン乾電池の負極側を使ってみた。
釣りの鉛でも良いが、こちらはタダだ。

ファイル 262-1.jpg

取り出した亜鉛板
ファイル 262-2.jpg

100円ショップでワニ口クリップと電池を入手。
ファイル 262-3.jpg

簡単なキットを作成。

ファイル 262-4.jpg

さて上手くいくか・・・

ZZR250のレストア費用その3

フロントフォーク一式。

これはかなりお得な商品だった。

ブレーキレバー2本
チョーク、アクセル、ブレーキワイヤー
フロントフォーク2本(かなりの良品)
左右グリップ、ハンドル
スイッチ左右
ブレーキキャリパー
ブレーキホース

ファイル 261-1.jpg


等々で5,000円
送料が1750円

前回まで10153円

合計16903円

結構掛かってきたな。。。。

エアフィルターの取り付け-ZZR250のレストア

 ボルト三点を外してタンクを浮かせる。

ファイル 260-1.jpg

 ポンヅケ。

10分ほどで終了。

イザ! セルスイッチON!

エンジン始動・・・・

トゥルン、トゥルン、トゥルン・・・・

トゥルン、トゥルン、トゥルン・・・・

始動せず・・・ ガス欠か?

タンク内を覗くと・・・ オレンジジュースなんか入れたっけ?

再清掃になりますた。

ZZR250のレストア費用その2

 キャブレター周りの消耗パーツが届きました。

 モータウン:MOTOWN チェーンデグリーザー
商品番号:#105 容量:500ml
× 1 個
KAWASAKI 純正部品
商品番号:16014-1054
× 2 個
KAWASAKI 純正部品
商品番号:92055-1245
× 1 個
KAWASAKI 純正部品
商品番号:92055-1004
× 2 個
KAWASAKI 純正部品
商品番号:92055-1223
× 2 個
KAWASAKI 純正部品
商品番号:92055-1222
× 2 個
KAWASAKI 純正部品
商品番号:11013-1141
× 1 個

計5453円


前回まで4700円

合計10153円

うーん結構掛かってきたな。

でも楽しい。

ZZR250の燃料コックを洗浄してみた

 どうしてもエンジンが始動しないためイロイロ疑ってみた。

 キャブまではガソリンが来ているので、問題ないと思われる。
ってことでタンク内を見てみると・・・・

 うーん錆の再発。

 とりあえずガソリンを抜いて線状準備。 その隙に燃料コックの洗浄。

ファイル 258-9.jpg

 結構カスが付着してた。

 再度サンポール爆雷を投下するか。

ZZR250のエアフィルターの交換

 注文していた純正部品が到着。 パーツリストも公開されているし随分と便利になったものだ。

ファイル 257-1.jpg

とりあえず時間がないのでエアフィルターだけ交換。

ファイル 257-2.jpg

すぐに完了。

現在の作業状況

フロントビュー
ファイル 257-3.jpg

リアビュー
ファイル 257-4.jpg

試しにセルを回してみたのだが、動かない。

原因を調べていくことになるのだが・・・

[改造]記事タイトルにリンクを貼る-WebDiaryPro

記事タイトルに記事のリンク先を入れてみたいと思います。
記事下段の「この記事のURL」と同じですが、内部リンクが増えるので若干の効果があるかと・・・

skin/diary.html

13行目付近

<!--SKIN_DIARY_START-->
<div class="diary">
<h3>${ARTICLE_SUBJ}">${ARTICLE_SUBJ}</h3>
<div class="text">

<!--SKIN_DIARY_START-->
<div class="diary">
<h3><a href="${INFO_PATH}?mode=edit&${ARTICLE_SUBJ}">${ARTICLE_SUBJ}</a></h3>
<div class="text">


このままでは、リンクにアンダーラインが入ってしまうので、
スタイルシートに次の文を書き加えます。

skin/common.css

div#diary h3 {
margin: 5px 5px 20px 5px;
padding: 5px;
}

←ここに追加

div#diary h3 {
margin: 5px 5px 20px 5px;
padding: 5px;
}

div#diary h3 a {
color : #ffffff;
text-decoration : none;
}


以上!

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2


ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

新着画像

Feed