拡大 縮小 元に戻す

HOME > ダイワ ルビアス(RUVIAS) の改造

ダイワ ルビアスの改造

ルビアスの10BB化 はじめに

07ルビアスの改造はこちら

ダイワ ルビアス2500
 2004年に買ったルビアス2500にシャリシャリ感もありオーバーホールをかねて10ボールベアリング化への改造に挑戦してみました。
 ルビアスのボールベアリングスペックとしては10箇所の可動部分に対して6個のボールベアリングが装備されています。
 リールのメンテナンスついでに改造してみませんか?
用意するものはプラスドラーバーと安全ピン又はつまようじです。

ダイワ ルビアス スペック表
品名 巻取り長さ
(cm)
(ハンドル
1回転当り)
ギヤー比 自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準
巻糸量
ナイロン
(号-m)
ベアリング
ボール
ベアリング
ローラー
ルビアス1500 62 4.9 215 4 1-195
1.5-130
6 1
ルビアス2000 63 4.9 220 4 1.5-190
2-150
6 1
ルビアス2500 72 4.9 240 7 2-200
2.5-170
6 1
ルビアス3000 72 4.9 240 7 3-200
4-150
6 1

構造図はこちら 

 構造図中のNO.49 52 77 の3つのアルミ?!パーツとプラスチックパーツをボールベアリングに交換するんですね。
プラスのドライバー1本で出来ますので試してみてください。 パーツは釣具屋で注文するかナチュラムでも入手できます。

No.74 ウォームシャフトボールベアリング @683円×3個 (トーナメント−ISO Z2500LBD用)
No.77 ウォームシャフトカラー  210円 (トーナメント−ISO Z2500LBD用)
No.10 スプールメタルボールベアリング(CRBB) 1,365円 (EXIST 2500用)

 ついでに劣化グリスを完全に抜いて新しいオイル、グリスを注入。
  オイル、グリスも純正品の使用をお薦めします。 オイルとグリスでは使用する部分が違います。また、純正品だとパーツ強度に合った粘度に調整されていますのでグリスによる抵抗が少なくなります。


ダイワ(Daiwa)リールガードスプレーセット
 
 シャリシャリ感もかなり軽減され、心なしか回転がスムーズになったような!? 気休め程度?
ほとんどグリスアップの影響だと思いますが、満足感はあるなー(笑)

 ※当たり前ですが、改造後は保障が効かなくなりますし、改造は自己責任で行ってください。 


改造手順1 ローターの分解

ドラグを緩めスプールをはずします。

改造手順2

 ゴム輪によってパーツが固定されていますので、安全ピンなどで傷を付けないように外してください。

 

改造手順3

 ゴム輪が外れたら、上に引き抜くようにすると外れます。

 ボールベアリングとアルミ製のベアリング(No77スプールメタルカラー)が各ひとつ入っています。 アルミ製の方をボールベアリングに変更します。
※内部の交換もあるため、ここでは取り付けしません。

 ルビアス アルミベアリングの写真

 上部のパーツを取ったところで、ピンが入っていますので安全ピンなどで押し出します。

 ゴム製の防水キャップを外し、ナットをプライヤーで外します。  こんな感じでローター部分を分解できました。

改造手順4 リールボディーの分解

 ハンドルと3本のビスを外します。

改造手順5

 ボディーの3箇所のネジを外します。

 

 最初、気が付かなかったのですが、1,2と3のネジの長さが違います!
展開図にも確かに別に記載されていました。

3のネジは3mmほど短くなっています。 

※2006/5追記 新しいルビアスをバラシたところネジの長さは全て同じになっていました。現行品は気にする必要は無いようですが、一応確認しておきましょう。

改造手順6

 1、2にはプラスチック製のベアリングが入っていますのでボールベアリングに交換します。
3(作業7)を外した後でボディー部のギアを全て外します。

 

 1の写真を撮り忘れた! 写真は2の方です。
1の方は下部の方が一回り大きくなっていますので、2のプラスチックカラーを入れて大きさを合わせます。

改造手順7 クラッチ周辺

 作業6の3の部分を外します。
クラッチ類が取り出せました。 これを取らないとメインシャフトが抜けません。 抜いたついでに古いグリスを切り
グリスアップしておきましょう。

ローターの逆回転
 ローターをロックしているのに逆回転するといった症状がよく聞かれます。 根本的な原因は分かりませんが、クラッチのオイルを抜いてやると直ります。
 これは、メンテナンス時に余計な部分までオイルが浸透しているか、ストッパーレバーの素材が貧弱なためクラッチとの接合部が削れて遊びが出来てしまっているためと思われます。 新品を見てみないと分かりませんが、私のルビアスでは遊びがあります。 
 ※トラブルの原因はストッパーレバーでした。 やはり接合点の磨耗から来るアソビでした。 アルミボディーとプラスチックの強度差から来るみたいですね。レバーの交換で完璧に直りました。

改造手順8 ボールベアリングの追加

 作業6で示した部分をボールベアリングに交換します。ここまででベアリング3個交換
(作業3を除く)

 組み込みはほぼ完了です。 これよりリールの復元作業に入ります。 その2につづく


HOME > ダイワ ルビアス(RUVIAS) の改造

関連ページ
リールの改造(ダイワ・07ルビアス)
リールの改造(ダイワ・カルディアKIX)
フリームスKIXの改造 スプールベアリング編フリームスKIXの改造 ラインローラー編