東港研究所給湯室-海のルアーフィッシング休憩室-

エントリー

カテゴリー「電子工作」の検索結果は以下のとおりです。

【ロボット】四足歩行ロボットの動きを確認してみた。その5

 無線化にあたってスマホを送信機にしてみた。

今回もBlynkを使ってみた。とにかく良くできたアプリです。

デバイスでarduinoNano、wifiを選択します。

20200512202153.png

20200512202152.png

Emailをタップしてトークンをメールに送信します。トークンはスケッチに使用します。

次にJoystickを設置します。設定は-100から+100で良いんじゃないかな。この辺は好みでどうぞ。Meargeを選択すると、「押しっぱなし」効果が得られるので便利かも。

20200512202151.png

次にボタンを配置します。

20200512202149.png

これは、PUSHでOK。

20200512202148.png

レイアウトは適当、下部の4つのボタンは、手を振らせたり、ダンス?させたりするために使います。

設定は以上。ごく簡単。

そのうちソースコードを公開します。

【3Dプリンタ】作業台の触手が増えました。

なんとなくもう一本触手が欲しくなったので、追加してみた。

20200502215951.jpg

久しぶりだったので、スライサーの設定をミス。仕上がりが酷い・・・

20200502215949.jpg

本当に4本必要だったのかは秘密。

 

【IoT】ESP32を使ったWebカメラの電圧を下げてみた。

 電源周りをリチウムイオン電池18650の3本並列に変更してみた。
これにより、稼働時間が大幅に伸びた。

20200502215950.jpg

しかし、依然として稀にgoogleドライブのスクリプトを叩かないことがある。
また、依然として発熱量が多い。

20200502213753.jpg

試しに、固定観念を捨て去り、電圧を5.3v低下させてみた。

意外とイイ。最初に使った電源モジュールがおかしかったのか?

発熱量ほぼなし。ヒートシンク不要。

経過観察してみます。

ページ移動

ユーティリティ

サイト内検索

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed