エントリー

カテゴリー「エンジン付きキックボード」の検索結果は以下のとおりです。

【自作原付バイク】久しぶりに少し走ってみた。

久しぶりに、走ってみた。

20200506002256.jpg

田舎道を15kmほど走行してみた。トコトコと走るのもイイ。

燃料タンクが500ccほどだが、半分以上残っていたので、30km/L走るかも。
機会をみて測定してみます。

20200506002245.jpg

エンジン付きキックボードで走ってみた。その2

最高速度の向上を目指して、タイヤをインチアップしてみた。

20171008230129.jpg

結果は微妙。

最高速度35km/h・・・微妙だ・・・

ほぼ同じコースで同じ天候で計測したが、GPSの誤差もあるからな~

タイヤが大きくなった分、乗り心地が良くなったような気がする。
そう思うことにしよう。

エンジン付きキックボードのタイヤをインチアップしてみた。

エンジン付きキックボードのエンジンを2ストから4ストに換装してみたんだが、最高速度が32km/hと換装前の40km/h+αから大幅ダウン。1.7馬力から1.3馬力の変更だからこんなものなのか?

これ2スト。

20170912224746.jpg

 これ4スト

20170912224747.jpg

騒音、振動、オイル汚れ(これ車に乗せるので大事)を考えると、やはり4ストだよな。

いろいろ考えた結果、タイヤをインチアップして最高速を伸ばしてみようと・・・どうせなら、最初についてたタイヤより大きいやつで(笑)

20171008230129.jpg

サイズはこれ。4.10-3.50-4-4Pフレームにはまるサイズでギリギリまで大きくしてみた。

20171008231014.jpg

 うぉりゃ!

 20171008230959.jpg

結果は・・・次回。

【2017バージョン】公道仕様のエンジン付きキックボードでの現在

公道仕様となった自作原付バイクの現状を記録しておく。

フロントビューとエンジン

ウインカーはLED化してあります。

電源は単三乾電池4本でウインカー、ストップランプ、テールランプ、ナンバー灯を点灯。
20171008122238.jpg

 スピードメーターは自転車用を使っていたが、ノイズの影響で誤作動するため、スマホのアプリで代用している。

エンジンを2ストロークから4ストロークに変更している。
混合油を作るのが面倒なのとオイルの汚れがヒドイ。音も大きいので街中で乗るには勇気が必要(笑)

20171008122313.jpg

結論から言うと最高速度が伸びない・・・

MAXで32km/h。

しかし、4ストらしく低トルクがあって非常に乗りやすい。振動、排気音も激減。この点は評価できると思う。

20171008122259.jpg

リアビュー

 タイヤをサイズダウンしたのも影響したかな。再度交換してみないと違いがわからない。スプロケ交換orタイヤのインチアップで何とかならないかな。

20171008122655.jpg

 

エンジン付きキックボードのタイヤを交換してみた。

エンジン付きキックボードのタイヤを交換してみた。

2ストエンジンだとエンジンが高回転にならないと、出力が小さい。出足が遅いので、スプロケ交換かタイヤで迷ったが、タイヤの溝もないのでタイヤ交換を選択してみた。

買ったのはこれ。

20171001002055.jpg

最初のタイヤは4.0-4だったので、一回り小さい9-3.5-4。硬度は4プライ。
送料込みで2,500円也。チューブも入ってた。

20171001002056.jpg

前に980円のタイヤを装着したら走行距離20kmもたなかった。

さっさと装着。

20171001002057.jpg

 エンジン換装で4スト化したので、インチダウンする必要なかったかも。

20171001002058.jpg

 準備は整ったので試乗してみる。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ユーティリティ

サイト内検索

twitter

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed