東港研究所給湯室

エントリー

カテゴリー「燃料、タンク」の検索結果は以下のとおりです。

ZZR250の燃料コックをオーバーホールしてみた。その2

前回の続き。

コックを外すときに「カチッ」と音がする役割を果たす直径1mmほどの銀玉を落として、探すのに一苦労したのは内緒。

コックを分解。すべての樹脂パーツがカッチカチに劣化してました(笑)製造から20数年間、一度も交換していないと思う。

 20171008214719.jpg

 こちらは反対側。なぜかダイヤフラムがパーツリストに無い。

したがって、これを破いたりするとアッセンブリ交換に・・・本当は交換したかったパーツなんだよな。

20171008214718.jpg

 樹脂系パーツはダイヤフラムを除いて全て交換。

20171008214720.jpg

 こちらは、ダイヤフラム用のOリング 

20171008214721.jpg

 燃料ホースも交換したほうが良かったかな。

組み終わってタンクを載せて完成と思いきや・・・タンクマウントの交換を忘れてた。(涙

20171008214954.jpg

完全復活!

20171008214955.jpg

ZZR250の燃料コックをオーバーホールしてみた。その1

いつかやろうと思っていた燃料コックのオーバーホール。

こんな状態になってまして・・・茶色の箇所がガゾリンが伝った跡です。

20171008214713.jpg

タンク撤去。きったね~

 20171008214715.jpg

 20171008214714.jpg

燃料コックを撤去。ストレーナーはきれいな状態でした。タンク内のサビは完全に止まっているようです。

パッキンは完全にダメ。カッチカチ。おそらく20年以上前の部品だな。

20171008214717.jpg

 ガムテで密封。気化しないくらいでいいでしょ。

20171008214716.jpg

 長くなったので記事分割。

バイクのガソリンタンクを亜鉛でメッキしてみた。その2?ZZR250の修理

 前回の続き

中のサンポールを抜き取って中性洗剤1Lをぶち込む。 水を加えてシェイク。 その後すばやく弱アルカリ性である重曹1Kをお湯で溶かして追加で投入。

 タンクを満タンにして24時間放置。

 泡が出なくなるまで洗浄する。 

ファイル 271-1.jpg
 
 おお!

 タンク投入口が鉛色に! ムラはあるがまずまずの出来。

 そんでタンク内。
ファイル 271-2.jpg
 おお!

 まずまずだ。 わずかにサビが残っているのだが、上出来だ。
ファイル 271-3.jpg
 
写真だとよく分からないのだが、地金の色が変化しているんだよね。 

後は完全に乾燥させてKURE556をぶち込んで終了。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

サイト内検索

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed