東港研究所給湯室-海のルアーフィッシング休憩室-

エントリー

カテゴリー「エンジン関係」の検索結果は以下のとおりです。

【2017バージョン】公道仕様のエンジン付きキックボードでの現在

公道仕様となった自作原付バイクの現状を記録しておく。

フロントビューとエンジン

ウインカーはLED化してあります。

電源は単三乾電池4本でウインカー、ストップランプ、テールランプ、ナンバー灯を点灯。
20171008122238.jpg

 スピードメーターは自転車用を使っていたが、ノイズの影響で誤作動するため、スマホのアプリで代用している。

エンジンを2ストロークから4ストロークに変更している。
混合油を作るのが面倒なのとオイルの汚れがヒドイ。音も大きいので街中で乗るには勇気が必要(笑)

20171008122313.jpg

結論から言うと最高速度が伸びない・・・

MAXで32km/h。

しかし、4ストらしく低トルクがあって非常に乗りやすい。振動、排気音も激減。この点は評価できると思う。

20171008122259.jpg

リアビュー

 タイヤをサイズダウンしたのも影響したかな。再度交換してみないと違いがわからない。スプロケ交換orタイヤのインチアップで何とかならないかな。

20171008122655.jpg

 

【自作原付】エンジン付きキックボードのエンジンを換装してみた。#18

エンジン付きキックボードのエンジンを換装してみた。

20170912224747.jpg

いよいよ換装してみる。エンジンは中国から輸入。エンジン本体が約6,500円で、送料が6,000円。天下のFEDXで空輸。
このサイズで4ストロークとはまさに芸術品!

この中にカムやカムチェーンなんかが入っていると思うとスゴイ技術ですよね。

まずは、タイヤを外してエンジンを下す。

20170929235514.jpg

エンジンマウントはそのまま使える。

20170929235515.jpg

サイズはピッタリ。

20170929235516.jpg

ついでに、ギアオイルも交換。

あっという間に完成。

インプレッションは次回に。

 

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

サイト内検索

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed