東港研究所給湯室

エントリー

カテゴリー「アウトドア」の検索結果は以下のとおりです。

【仕事帰りキャンプ】今年初のファイヤーやってきた【第20張目】

天候も安定してきて、外気温も上がってきたので、今年初の焚き火をやってみた。
仕事帰りにソロキャンプすると週末の時間が長く感じる。

燃料は豊富にあるのでどんどん燃やせる。

20210313141239.jpg

今晩のお品書き

牛肩ロース

 肉が続いていたので、魚にしようかと思ったけど、たまたま牛ロースが安かったので買ってみた。
スキレットでさらっと焼いて塩コショウでいただく。キリンの金麦もうまい。
外気温が14度位あるので、寒さも感じない。

20210313141240.jpg

タコの刺身

次はタコの刺身。ぶつ切りにしてワサビ醤油でいただく。
日本酒は最近お気に入りの佐渡市にある北雪さんの金星。

今回初めてオイルランタンを使ってみた。おもいっきり「ファエハンド」のオイルランタンのパクリ品。アマゾンで送料込みで700円程度だった。

20210313141241.jpg

 さすがパクリ品でパーツの各部にバリがあったりガッタガタ(笑)
値段を考えれば十分雰囲気はでるので、良い買い物だったかも。

ブリ鍋のつもり(笑)

圧倒的に料理センスがない!!!!!!!!!!

切り方、入れる順番などまったく知らない!いつも何となくだからこんな事態になる(笑)

20210313141242.jpg

 しかも、今回は鍋キューブを切らしているという失敗。
味付けをどうしたらいいのか分からなかったので、とりあえず塩を入れて醤油で調整してみた。

 意外というまい。 いや、キャンプという謎の調味料が効いているんだろう。

20210313141243.jpg

今年初のキャンプでの焚き火

 勢いが余って、2本も飲んでしまった。んで焚き火。燃料はたくさんあるのでガンガン燃やします。

20210313141244.jpg

焚き火の火とオイルランタンの明かり+白ワイン+ナッツ。
20時過ぎまで余韻に浸ってた。

20210313141245.jpg

今宵も車中泊

 今宵も車中泊。今回はコットにエアマットに寝袋+電気毛布で快適。

20200831223710.jpg

片付けも簡単でイイ。

【100円ショップ】DAISOの300円LEDライトを改造してみた【ダイソー】

100円ショップのダイソーの300円LEDライトを改造してみた。

3WAYで使えるとのことで、300円のLEDライトにしては良くできている。
単三乾電池3本で約10時間使用できるようです。100円ショップの品質が高くなっていますね。

20210321141639.jpg

ダイソーライトをさっそく分解してみる

 4本のネジを外すと蓋が取れる。中身はシンプルな構造。
100円のLEDライトと同じ配線だった。コードはかなり細く、この辺からもコスト削減を意識しているんだろうな。

20210321141641.jpg

抵抗は1KΩが入ってた。単三乾電池3本の仕様のため、このままリチウムイオン電池の18650に置き換えても問題はない。

100円のLEDライトに比べて、スイッチの質が上がっていた。100円の物はスカスカで接触もあまり良くなかったが、300円のLEDライトは「カチッ」としていた。

20210321141640.jpg

拡散用の発光部には8つのLEDチップが乗ったモジュールが入っていた。

20210321144524.jpg

サーチライト用のチップは1WのLEDライトで放熱フィンが付いていた。

20210321141642.jpg

充電式に改造してみる

リチウムイオン18650をインストールするため、本体をカットしていく。

裏ブタの突起をカット。

20210321141643.jpg

電池の収納部をカットしてリチウムイオン電池18650をセットしてみた。

20210321151240.jpg

充電用チップはTP4056を使用。


 

このチップは本当に優秀。4.2V以上になると過充電防止で給電が中止されます。

20210321144525.jpg

B+、B-の端子が4つあるものにしてください。

配線する。抵抗はそのままだとショートするとマズいので伸縮チューブで保護しておきました。

20210321151239.jpg

グルーガンで配線の固定と絶縁処理。

20210321141644.jpg

裏から見るとこんな感じ。電池もグルーガンで固定。

20210321141645.jpg

完成そしてテスト点灯

 かなり明るいです。ただし、ダイソーの100円LEDの方が更に明るい。

自立して点灯できるのはポイントが高いです。これが意外と重要で、キャンプでテーブルの上に置けるって意外と便利。

20210321141646.jpg

この300円LEDライトは自立しながら、広く照らすこともできる。

20210321141648.jpg

サーチライトも1wLEDのハイパワー。

20210321141649.jpg

充電用の穴を空けてTP4056にアクセスできるようにしました。
充電中は赤ランプが点灯し、充電が完了するとランプが緑色に点灯します。

20210321141647.jpg

LEDライト改造シリーズ

 

【仕事帰りキャンプ】佐渡産のタラと佐渡産の日本酒【19張目】

恒例になった週末の仕事帰りキャンプ。
外気温が5度だったが、キャンプ地は4組のキャンパーがすでに展開中。

各テントから伸びる煙突から煙が上がる。ホンマ製作所のストーブを購入したが、時間がないソロキャンプだと億劫になってしまう。

今晩のお品書き

前回は肉三昧だったので、今回は魚にしてみた。

立ち寄ったスーパーで佐渡産のタラを発見。タラ鍋って美味いよね。

20210307094426.jpg

貝づくしの刺身のお造りがあったので、買ってみた。
キャンプに刺身が定番化してきた。仕込みの合間にお酒を飲みながら食べるとちょうど良い。

20210307094428.jpg

 最近飲み始めたワイン。味の違いが良くわからないので一番安いやつ。
とりあえず、それをベンチマークにしてみたい。
安いけど美味い。激安の日本酒に比べるとワインは味の差があまりないような気がする。

20210307094427.jpg

 鍋の全景を撮るのを忘れてた。白だしベースで塩で味を調整してみた。意外とうまくいった方だな。
 ホンビノス貝も一緒に入れてみた。貝の出汁が良く出ている。美味い。

20210307094430.jpg

佐渡産の鱈に合わせて、日本酒も佐渡の地酒である「北雪金星」にしてみた。
これが最近のヒット酒。
自分の中では、

  • オールシーズン → 朝日山
  • 夏 → 麒麟山(冷)
  • 冬 → 五郎八(濁り酒)

 が多いのだが、北雪金星は熱燗が良く合うと思った。次回は常温で飲んでみよう。

20210307094429.jpg

 ワインと鱈鍋も合うが、日本酒との組み合わせは最高。

20210307094431.jpg

完食。

車中泊

 今回も中華コンロ+ヒーターアタッチメントを使用した。
この組み合わせは低コスト&低燃費で十分なエネルギー量を確保できる。ただし、取り扱いには細心の注意が必要。

20210221123212.jpg

アマゾンプライムと電気毛布を仕込んだ寝袋で就寝。
夜中に熱くて起きた(笑)

 

【爆発?】激安中華製コンロを暖房用ストーブとして使ってみた

たまたま目にとまった激安中華製コンロ1,339円を買ってみた。

ネットのレビューでは「爆発する」だの「使い物にならない」といった評価が多く寄せられている商品。

中華製コンロを開封してみる

いつもどおりに薄い段ボール箱をプリプチで包んだで状態で到着。よく中身が変形せずにれなく届いたもんだ。
肝心の製品は、値段相応で作りは「ガタガタ」といった方が良さげ。

20210214091515.jpg

全体的にチリが合っていない、五徳もピン留めのみ。
炎の調整用ツマミは動きが硬い。
まあ、1339円ということなんで許せる(笑)

コンロに点火してみる

灯油を入れて芯に灯油を吸わせた後、五徳、カバー(2分割式)を外して点火する。

20210214091516.jpg

20cmほどの火柱が上がりススが出たので、ススが出ない程度につまみを絞ると3分ほどで安定して青白い炎になった。

点火時の注意点

  1. 灯油を入れた後は十分に芯に灯油を浸透させる。
  2. 芯は受け皿から5mmほど出しておく。出し過ぎると炎が高く上がって危険なのと8芯に点火しづらくなる。
  3. 真ん中のバーナーだけはセットしたままで点火する。手返しを良くするため
  4. フード、五徳をセットしたらススが出ない程度までつまみをしぼる。
  5. 反射熱によって灯油の気化が高まると炎が自然と大きくなるため、5分程度は様子を見る。油断するとススが発生する。

一工夫してみる

カバーが分割式なので素早く装着できるように針金で一体化してみた。
手早く作業することができるようになった。

20210214091518.jpg

ヒーターアタッチメントを装着してみる

目的の中華製コンロの暖房ストーブ化をしてみる。
ヒーターアタッチメントは大きく分けて2種類売っているようだが、大きいサイズの方にしてみた。1190円と安い。

 大きいサイズにしたのは、コンロという製品の特性上、熱が上方向に向かうため、熱の抜けが悪くなると、下部のタンクに熱がこもると思ったため。

20210214091520.jpg

そんで、ピッタリフィット。

20210214091521.jpg

ギリギリ入るサイズなので、上にクッカーを置くことも可能だ。
心配ならビス止めすると良いかも。

実際に使ってみる

早速、キャンプに持ち込んで車中泊で使ってみた。

20210214091522.jpg

スキレットを乗せてみた。五徳の耐久性は十分。ただし、熱が下に反射してタンクが過熱されるので長時間使用する場合はもう少し高い五徳を使った方が良いようだ。

20210214091523.jpg

ヒーターアタッチメントの上で調理が可能。アタッチメントを外した場合に比べて、火力には下がるが、10分ほどで水を沸騰させることができた。安定性を高めた上で使用すると良い。

20210214091524.jpg

お湯を沸かしながらの暖房も機能した。火力を上げると灯油臭が強くなるので注意が必要。

20210214091525.jpg

超ローコストな火器

手間の掛かるコンロですが、超ローコストでの運用が可能です。
0.5Lの灯油で一泊のキャンプくらいなら使えますので、単価にしてみれば数十円になります。

 灯油なのでガソリンに比べて安全で簡単に手に入るし、携行は500mlのアルミ缶コーヒーの空き缶も使えます。

中華製ストーブを使うときの注意点

  1. 一酸化炭素中毒を防止するため、使用時は窓を少し開けておく
  2. 一酸化炭素チェッカーを使用する →【激安】一酸化炭素チェッカーを検証してみた
  3. 就寝時は必ず消火する
  4. 空焚きを防ぐため、使用前に十分に灯油を入れておく
    何回か使用しましたが、とろ火で5時間は使えます。
  5. パッキンがなく揺れると灯油がこぼれるので、収納時は灯油を少なくしておく
  6. ツマミを絞ってもすぐに火は消えません。一番下まで絞って、数分待つと消火します。
  7. 急ぐときは、炎が極小になったら「ゆっくり」と息を吹きかけて消火する。火が強い状態で息を吹きかけると酸素量が急激に増えて「ボッ!」と小爆発する事があります。

中華コンロはあまりおすすめしない

以上のようにかなり使いにくい製品であると同時に使い方によっては大変危険です。
使用時は気が抜けない(笑)

手間が掛かるのが好きって人向けですね。

2021年5月 追記

消火時に「息を吹きかける」と記載しましたが、先日「ボンッ」といきましたw
消火はあくまでも「火が極小」で息を吹きかける、またはパーツを外して濡れタオルなどで覆う方法が良いようです。後者が確実かな。

【仕事帰りキャンプ】車中で肉祭り開催【18張目】

天候が安定したので業務終了後に山へ向かってみた。
時間も押していたので、別の山にした。

スーパーに寄ったらなぜか海鮮コーナーは完売状態。
しかし、肉が安い。ってことで肉祭りにした。

今晩のお品書き

ちょうど手ごろなラム肉があったため買ってみた。
ラム肉を食べるのは久しぶりだな。
20210221182633.jpg

積雪は50cmくらいかな。キレイに除雪してくれてありがたい。
20210221182634.jpg

オリーブオイルでラム肉を炒めたあとにニラとモヤシを投入。
アマゾンプライムで「空母いぶき」を鑑賞しながら調理。

今回も中華コンロ+ヒーターアタッチメントを使用。超低燃費で十分な火力が使える。
0.5Lで5時間ほど燃焼できるので、一回当たり数十円という超ローコスト。これ以上安い燃料は、拾った枝以外ないと思う。

20210221182636.jpg

味付けは塩コショウ。
ビールの次に最近飲み始めた赤ワイン。

20210221182637.jpg

続いて鳥のモモ肉。4本入って150円だったのでついカゴに入れてしまった。

20210221182638.jpg

すでにお腹いっぱいだったのだが、残してもしょうがないので牛ステーキ(笑)
味も良くわからないまま腹に詰め込んだ。

20210221182639.jpg

ニューアイテム登場

キャプテンスタッグのケトルクッカー。
鍋としても使える2way仕様とのこと。

 

スノーピークのケトルNo1と迷ったが容量が0.9Lだったため、1.3Lサイズのケトルクッカーにしてみた。

20210221182640.jpg

 容量はちょうどいいのだが、持ち手が熱くなってしまうので皮手袋が必須になる。
取っ手がネジで固定されているので不安もあったが、全く問題はなかった。

今回も中華コンロ+ヒーターアタッチメントを使ったが、警報機が鳴ることもなく、使用できた。
室温も22度を超えて、最終的には28度まで上昇。外気温が高かったのが影響しているみたい。

20210221182642.jpg

パソコンの廃材を使ったサーキュレーターをテストしてみた。
風量はそれほどないが、効果は抜群で、室内が均等に暖まることが実感できた。
わずかでも空気の流れがあった方が良いみたい。

20210221182644.jpg

朝のお品書き

朝食は100円ラスクをスキレットで温めてみた。

20210221182645.jpg

コーヒーとセットで立派な朝食?じゃないか?

20210221182646.jpg

外は快晴。もう一泊したいくらいだったが、所要があるため帰宅した。

20210221182643.jpg

自作したタイムラプスを持ってくれば良かった。

ページ移動

ユーティリティ

サイト内検索

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed