東港研究所給湯室

エントリー

カテゴリー「アウトドア」の検索結果は以下のとおりです。

【蒔ストーブ】キャンプでホンマ製作所のストーブを焚いてみた【火入】

ホームセンターに寄ったら税込み4500円だったのでついつい購入してしまった。

新潟県のホンマ製作所で作っている時計型ストーブというらしい。
60cmと52cmがあったので、手軽さを考えて52cmの「時計2型薪ストーブAF-52」を選択。

蒔ストーブこーてもーた

 結局煙突やらエビ曲90°(「えびまがり」というらしい)などを買ったら7千円ほどになった。
 とりあえず、使ったことがないので試運転に必要な最小限のパーツを購入。
20201226141410.jpg

早速薪をくべてみる

 どの程度燃料を入れればいいのか分からなかったので、少な目にしてみた。
煙突が温まってくると、ドラフト効果で手前から吸気さた空気が奥へ流れて燃焼後に煙突から排出されるようだ。
 温まったところで蓋を閉じると「ぼぉ~ぼぉ~ぼぉ~」と下の吸気口から音が出た。

20201226141421.jpg

そのままの高さだと薪を入れにくいので20cmほどかさ上げした方が使い勝手が良さそう。
 とりあえず、手持ちのキャプテンスタッグのグリルの上に置いてみた。

簡単に調理してみる

 車内にストックしておいたレトルトカレーを温める。
水道が止まっているため、水の節約を兼ねて雪を溶かしてしてみた。

20201226141419.jpg

 手前で燃焼しているが、煙突回りで2次燃焼しているようで、奥のコンロの方が熱量が多い。奥で調理して、手前で保温というスタイルが良いかもしれない。

 んで、ご飯も炊く。本当にダイソーのメスティンは役に立つ。
ガンガン使っているが、壊れる気配はない。

20201226141422.jpg

温まったカレーをいただく。初めてのストーブ料理がレトルトカレーになった。
気温が低かったので余計にうまく感じたな。

20201226141423.jpg

今回の火入れの感想

 薪ストーブのセッティングは意外と難しかった。煙突の構成(高さや縦横比)や蒔きの材質、量によって燃焼効率が変わってくる。
必要な温度を省エネルギーで補うにはそれなりのスキルが必要だった。

20201226141424.jpg

蒔きストーブの内部構造はこんな感じ。
壁面は2重構造になっていて、二次燃焼するようだ。底面にロストルがないで、床面保護のため使い古した焼き網で底上げする予定。

知人から、「燃えカスをそのままにしておけば自然と灰が溜まって遮熱」されるとアドバイスされたが、さすがに車で持ち運ぶためできないよね。

20201226141425.jpg

最終的にはフィンガルに入れてみたいが、耐熱処理など課題は山積みだな。

フィンガル→ 【ハイランダー】ポップアップ式のワンポールテントフィンガルで遊んでみた

 リフレクターの必要性もある。試しに家の大掃除用に買っておいたガスコンロ用のアルミ製のガード(壁みたいなやつ)を使ったら、効果抜群。

実験項目が一気に増えたな。。。

【仕事帰りキャンプ】キャンプでの鶏鍋&うどんは最高だった。【第12張目】

仕事帰りのキャンプ

山での晩酌、アマゾンプライムが生活の一部となりつつある(笑)
この日も、業務終了後にスーパーへ直行 → 山へ向かってみた。

今晩のお品書き

最近、気温も下がってきて夜も冷え込むので、鍋にしてみた。

今回は「とり鍋」。トリのモモ肉、豆腐、ニラ、もやし。

といっても、料理の技術がほとんどないため、いつもどおりにブチ込み+沸騰で終了。

20201123113059.jpg

とりあえず着火

火つけはいつ、いつもの牛乳パック
本当に良く燃えて、蒔や木炭もスピード着火。

20201123113058.jpg

仕込みが終わったところで、サーモンの刺身。
この日は、さしの入った上質のサーモンが激安で売っていたため、即バイトしてしまった。
薬味は、ワサビ&刻みニンニク。 この組み合わせは癖になる。

20201123113100.jpg

もちろん、お酒も忘れない(笑)ハイボールをチョイス。
スーパーでも、食材を決めてからお酒の種類を選ぶようになった気がする。

20201123113101.jpg

鍋ドーピングしてみた

会社のおばちゃんから、裏技を教えてもらった。正体がこれ。

20201123113104.jpg

こんなものがあるとは・・・・ 

料理をまったくやらないので、知らなかった・・・・

売り場も検討がつかなかったので、店員さんに教えてもらったw

沸騰したところで鍋キューブを投下!!! 数分待つ。

これうまくいった部類じゃないか??
ニラを投入して更に数分。

20201123113102.jpg

これは旨かった。

20201123113103.jpg

〆のうどんを投入

スープを惜しみつつ、今日のメインディッシュ?? 

「うどん」を投入。

このうどん30円(笑) 安すぎだろ。

20201123113105.jpg20201123113106.jpg

うどんをすすりつつ、ワインをいただく。
ワインにはまったくこだわりがない。つーか違いが良く分からん。

最近ハマりつつあるワイン

一番安いワイン。

ワインと言えばガラス瓶になるようだが、キャンプではかさ張るほか、ゴミの処分が面倒になる。
ペットボトルの方が良いんじゃないかと思う。

20201123113107.jpg

月明かりの下で

キャンプ場に着いた時には曇っていたが、いつの間にか月が顔を出していました。

20201123113108.jpg

空が低く感じた。

キャンプの手抜き朝食

朝は手抜き。ゆで卵&とりの缶詰(笑)

20201123113109.jpg

んじゃ!

【換気扇】パソコン用の冷却ファンで換気扇を作ってみた。

片づけをしていたらPC用の12CMファンが出てきたので、換気扇に改造してみた。

12v仕様の使いづらさよ

12vだと使いにくいので、モバイルバッテリーが使えるように5vを10v程度に昇圧して使うことにした。
20200711231556.jpg

伸縮チューブに包んで絶縁完了。
20200711231557.jpg

ファンカバーを自作してみる

ファンが剥き出しだと危ないので、3Dプリンタでカバーを作成。
開口部の大きさの見当がつかなかったので、とりあえず2種類製作してみた。20200711231558.jpg

結果は意外とシビアで、手前のカバーだと抵抗が強ぎて、期待していた風量は得られなかった。
ってことで、抵抗をほとんど無くして、もう一枚プリントした。

結構な風量もあり、十分喚起できるようになりました。サーキュレーターとしても使用可能。

タイムラプスが簡単にできた

  ESP32-CAMを使った3Dプリンタの監視装置を作ってみたんだけど、記録された画像をつなぎ合わせたらこんな感じになった。

20200712085122.gif

まるで、タイムラプス。 スマホのポータブルバッテリーや乾電池でも稼働できる仕様にしてあるので、キャンプに持ち込んだら面白いかも。

作り方はこちら → ESP32-CAMでwebカメラを自作してみた

【仕事帰りキャンプ】牛ステーキをスキレットで焼いてみた【第11張目】

いやーこの仕事帰りスタイルのキャンプはやめられないわ~
この日は雨だったので、面倒なキャンプ飯はやめて(面倒なものは作っていない?)、

今夜は、焼く → 喰らうスタイル

今晩のお品書き

マグロのタタキとハイボールで乾杯。

20201106162226.jpg

その間に仕込み。

20201106162227.jpg

ニンニクのホイル焼きができました~ 簡単で美味い。

20201106162229.jpg

ジャガイモが焼けました~

20201106162231.jpg

ダイソーメスティンでのご飯が炊けたので、蒸らし時間の間に、メインディッシュのオーストラリア産の牛肩ロース400g。

20201106162232.jpg

熱したスキレットにスライスしたニンニクをぶち込んで、牛肉どーーーん。

20201106162233.jpg

やべーーーー はいらねーーーー

仕方なく半分に。。、w

肉には白飯が合う。

20201106162234.jpg

またも車中泊

満腹にて車中泊。つーか最近テント使ってねーな。
今回は試しにウレタンマット&エアマット&寝袋。
寝袋はアマゾンで1300円でゲットしたマイナス25度まで耐えられるという代物。

20201106162228.jpg

マイナス25度は無理だと思うけど、暑くて足を出して寝てた。
朝まで快適に睡眠できました。

朝からステーキかよ!

年齢的にも400gのステーキは厳しかった・・・・
調子に乗りすぎたな・・・・

余った赤ワインで煮込んでみた。

20201106162235.jpg

油断した隙にワインが蒸発してた。

味は良いね。肉も柔らかかった。焼くより煮たほうが良いのか???

んじゃ!

【車内整理】キャンプ道具積載用に棚を作ったった

なるべく車に道具を積まないようにしていたけど、増えてきたので整理用に台を作ってみた。

廃材利用で材料費はタダ

友達の大工さんに話をしたら、「廃材あげるよ~」って言われたので遠慮なく頂戴した。

ありがたや~

20201216075930.jpg

最初は合板と角材だけにしてみたが、合板がたわむので縦に角材を追加してみた。

20201216075931.jpg

完璧。人も乗れるほどの強度になった。

足をもう少し延長すると、外でも使えるテーブルになりそうです。

頑丈な作りで安定性抜群だが、収納に難ありのhilanderのコットもスッキリと収納できた。

焚き火用の燃料を大量にゲット

ついでに廃棄予定の木材もゲット。

20201216080418.jpg

完全に乾燥しているのでよく燃える。

20201216080502.jpg

当分の間、焚き火用の燃料には困らないな(笑)

 

ページ移動

ユーティリティ

サイト内検索

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed