東港研究所給湯室

エントリー

タグ「ルアーフィッシング」の検索結果は以下のとおりです。

【カマス】ルアー投げてたらカマスの群れに当たった【新潟東港】

2020年12月6日 9:00〜 新潟東港

 天気が良かったので、新潟東港へ釣りに出かけてみた。

穏やかなの海

 新潟ではこの頃になると、北風が強くなり波が高くなってくる。
いわゆる「冬型」ってやつだね。 波の予報が低く出ていても、うねりが強く釣りにならない日もしばしば。
 予想に反して、海はナギ。潮もいい感じで流れており、期待が高まる。

サワラはいないがカマスはいる

 一通りのレンジやアクションを試してみたが、「コツコツ」という僅かなアタリのみ。
ルアーサイズを落としてゆっくりとフォールさせてみるとコツンとヒット。

20201212150458.jpg

25cmほどある「カマス」でした。
小型のメタルジグよりワームの方が有利になるが、耐久性がないためおすすめしない。

20201212150614.jpg

やっぱりカマスにはカマス用ジグ

軽めのオモリで「ふわ〜ふわ〜」感を演出すると良い。

 

せっかくいい感じになってきたところで・・・・

ルアーで事故発生

ルアーをスローしていた訳ではなく、ブラブラするルアーのキャッチミス。
軽く触れただけなんだけどね。

皆さまもお気をつけくださいませ。

20201212150615.jpg

※外科医さんにきれいに取ってもらいました。

釣ったカマスは干物に

釣ったカマスは開いてすべT干物にしてみた。
夕食に添えたが瞬殺でなくなったw

20201212232844.jpg

【新潟東港】カタクチイワシとドラゴン【ルアー5本目】

2020年11月19日 9:00~ 新潟東港

カタクチイワシの干物の旨さに取りつかれて大量生産することにした。

カタクチイワシの大群

ルアーロッドに、使い古しのトリックサビキをセットして足元に投入。

エサなしにも関わらず、どんどん釣れる。

20201123171051.jpg

20201123171052.jpg

手が生臭くなるので、キャンプで使っているトングを使って魚を外す。
これ、超便利。

飽きたらルアーをキャストするなどして、300匹ほど釣りあげた。

青物なんかも回るかと思ったが、残念ながらノーフィッシュ。

ポイント移動

新潟東港は広いが、ここ数年でポイントが激減している。

湾内をチェックしながら外海へ向かった。

数本だけど、イナダとサワラが釣れてたな。

外も内も、こればっか(笑)

エソです。かまぼこの原材料になるらしい。

20201123171053.jpg20201123171054.jpg

引きも弱いし、グロテスク。どことなくドラゴンに似ているような気がする。

【新潟東港】イワシの群れとサワラ【ルアー4本目】

20202年11月15日 14:00~ 新潟東港

天気予報では、波1mだったが、現地はうねりの影響で濁りが酷かったので、湾内にポイントを変えてみた。

某所では、カタクチイワシが大量に入っていたため、期待大。

イワシの量があまりにもスゴイ状態だったので、使い古しのサビキを投入すると、カタクチイワシが次々と釣れる。

20201123124214.jpg

20201123124215.jpg

20分ほどで、お土産を確保できた。

しかし、肝心の青物が釣れない。時折ボイルが出るものの、ルアーへの反応はイマイチ。

ここで活躍したのが、オンスタックルのマナティ。

ルアーが右へ左へと、アクション性が高いルアーである。アクションはジャーク&リトリーブを一定の間隔で繰り返すだけ。

20分ほどするとばガツンとアタリが発生。

更に続けると、待望のサワラがヒット。

20201123124216.jpg

大量のカタクチイワシを吐き出した。

20201123124217.jpg

この後、1尾追加して終了。


クロスファクター(CROSS FACTOR) スラッガージグ3本 セット

軽いメタルジグをヒラヒラと落とすのも有効だろうけど、活性が低いときはワインドの方が効果があると思う。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

サイト内検索

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed