エントリー

タグ「スマートホーム」の検索結果は以下のとおりです。

【IoT】Wifiを使って自宅のファンヒーターをコントロールしてみた。その3

サーボコントロールに挑戦。
ファンヒーターのスイッチをリレーを使って電気的に制御しても良かったんだけど、汎用性を考えてあえて、アナログ式にサーボで「スイッチを押す」を採用。

20200229175514.jpg

サンプルスケッチ 

#include <Servo.h>
 
Servo myservo;  // create servo object to control a servo
// twelve servo objects can be created on most boards
 
int pos = 0;    // variable to store the servo position
 
void setup() {
  myservo.attach(9);  // attaches the servo on pin 9 to the servo object
}
 
void loop() {
  for (pos = 0; pos <= 180; pos += 1) { // goes from 0 degrees to 180 degrees
    // in steps of 1 degree
    myservo.write(pos);              // tell servo to go to position in variable 'pos'
    delay(15);                       // waits 15ms for the servo to reach the position
  }
  for (pos = 180; pos >= 0; pos -= 1) { // goes from 180 degrees to 0 degrees
    myservo.write(pos);              // tell servo to go to position in variable 'pos'
    delay(15);                       // waits 15ms for the servo to reach the position
  }
}

無事に動作確認できました。

つづく

【IoT】Wifiを使って自宅のファンヒーターをコントロールしてみた。その2

wifiユニットの動作確認。
使用したは、ESP8266。数百円とお手頃価格。

とりあえず実験でArduinoUNOに接続。
電源、TX、TRを接続してシリアルモニタで確認。

20200229172738.jpg

 うまくいったので、小型化のためarduinoNANOに接続。
これも数百円とは・・・・ 安すぎる。

ついでに、LEDを点灯するようにしておいた。

 20200229172739.jpg

スイッチオン!

完璧!

【IoT】Wifiを使って自宅のファンヒーターをコントロールしてみた。その1

暖房の効いた部屋に帰りたかったので、コントロールしてみた。

20200229160012.jpg

とりあえず、温度センサーDH11をアマゾンで購入。1個100円くらいで安い。

 

インターフェイスはRemoteXYを使用。フリーソフトだが良くできています。
スマホ側のアプリは、GooglePlayでダウンロード。

数百円で、リモートによる室温、湿度の確認ができます。

 つづく

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

サイト内検索

twitter

ありがとうございます

過去ログ