東港研究所給湯室-海のルアーフィッシング休憩室-

エントリー

タグ「wifi」の検索結果は以下のとおりです。

【ロボット】四足歩行ロボットの動きを確認してみた。その2

【ロボット】四足歩行ロボットの動きを確認してみた。その1

 なんだかゴチャゴチャしてきましたが、足の動きを確認するため、一コマ一コマ撮影してみた。このページは自分の記録用。

マイコンはarduinoUNOからarduinoNanoに変更

参考ブログ

https://makezine.jp/blog/2016/12/robot-quadruped-arduino-program.html

配線がゴチャゴチャしてきた。サーボ8個×3線だけでも24線を接続しなければならない。

とりあえず材料は

  • arduinoNano×1
  • サーボ×8
  • 降圧モジュール(7.4v→5v)×1
  • リチウムイオン電池18650×2個
  • 電池ケース×1
  • 小型ブレッドボード×2

サーボ8個となると、USB供給の電力が足りないため、電池でまかなうこととした。

20200503222641.jpg

とにかく動きが複雑+安物サーボのため可動範囲にばらつきがあり、確認作業は遅延。。。

20200503222642.jpg

20200503222643.jpg

20200503222644.jpg

20200503222702.jpg

理想に近づいてきたけど、まだまだだな。

【IoT】ESP32-camを使ってWEBカメラを自作してみた。その1

コロナウイルスの影響で在宅ワークが増えましたね。 その影響からか、Webカメラの在庫が無くなってきたようです。

 以前に3Dプリンタの監視目的として、ESP32-camを購入していましたので、カメラ用Webサーバーを建ててみたいと思います。

20200501005027.jpg

20200501005028.jpg

こんなものが1000円程度で買えるとはスゴイ。

ファイル → 環境設定 → ボード追加マネージャ で以下を追加。

 https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json

これでESP32が使えます。

次にarduinoIDEの最初に設定をしていきます。 転送設定などは次のとおり。

 

項目名 設定値
Board ESP32 Wrover Module
Partition Scheme Huge App(3MB No OTA)
Flash Mode QIO
Flash Frequency 80MHz
Upload Speed 921600

ボード名にESP32-camが直接ある場合は、そのまま選択。

 

参考サイト

https://qiita.com/Nabeshin/items/b195cad1afe99ce29f1e

次回は、転送に必要なUSBシリアルコンバータの設定を行います。

ページ移動



ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ありがとうございます

新着画像

Feed