東港研究所給湯室

エントリー

タグ「キャンプギア」の検索結果は以下のとおりです。

【ゆるきゃんぷ】デイキャンプでスモークを楽しんでみた【14回目】

時間が空いたので、デイキャンプに出かけてみた。

今回はおやつを食べて、読書するだけ。

タープを広げて、コットをセット。ハイコットだと、ベンチ代わりにもなって便利です。

20210503092953.jpg

タープは強力磁石で車両に固定しています。十分な磁力で水にも強いので、おススメです。

20210503092954.jpg

コンロを準備。スキレットを予熱します。

20210503092952.jpg

今回は桜のチップを使ってみた。
食材を並べたら、蓋をして完了。

20210503092955.jpg

20分ほどで完成。 もう少し長くやっても良かったけど、時間がなかったので終了。

20210503092956.jpg

おいしくいただきました。

20210503092957.jpg

このハイランダーのコットは6000円以下で買えます。

 


 
なんにでも使えるスキレット
煮る、焼く、蒸す、燻すことができ、直火でもガンガン使える高耐久性。

【ゆるきゃんぷ】山から海へGo!キャンプファイヤーをやってみた【13泊目】

友人と釣りをしていたのだが、話の流れで何故かキャンプをやることになった(笑)
昨日は山でのキャンプだったが、今日は海か。。。。

20210503090839.jpg

近所のスーパーで簡単に買い物して砂浜へGo!

今晩のお品書き

2人なので、2種類の料理となった。
んでこちらが「タラ鍋」。スープの素がキムチ味しかなかったが、幸いインスタント味噌汁があったので代用してみた」。

20210503090841.jpg

意外と美味い。つーか、出汁の濃い味噌汁って感じ

20210503090840.jpg

次はハンバーグ。
アイラップでコネコネしてアッツアツのスキレットにドーーーン

20210503090842.jpg

缶チューハイを4本ものんじゃったわ

焚き火開始

んで、お楽しみの焚き火開始。砂浜でのキャンプなので燃料となる薪はいくらでも調達可能。

20210503090843.jpg

ハンドソーもあるので、あっという間に薪が集まる。
自作のリフレクター効果は抜群で、少し離れていても暖かさを感じる。
調子に乗って燃料を投下していたら、キャンプファイヤー並の火柱になり、危うくキャンプ道具が犠牲になるところだったのは内緒。

20210503091314.jpg

二人で深夜まで燃やし続ける(笑)

朝のお品書き

朝は2時間ほど釣りをしたあと、ダイソーメスティンで炊飯。

20210503090846.jpg

今回も上手く炊けました。

20210503090847.jpg

先日購入したキャプテンスタッグの鍋でも使えるケトルでレトルトカレーを温める。

20210503090848.jpg

このケトルクッカーはかなり便利でした。取っ手を反対に着ければ、鍋にもなります。
容量は1.3Lとちょうど良いサイズで、レトルト食品も2つは余裕で入ります。
もちろん、注ぎ口が付いているのケトルとしても使用可能です。

 海を眺めながら飲むコーヒーは格別ですね。
インスタントだが、美味しく感じる。

20210503090849.jpg

雨が降ってきたので撤収!

【100円ショップ】DAISOの300円LEDライトを改造してみた【ダイソー】

100円ショップのダイソーの300円LEDライトを改造してみた。

3WAYで使えるとのことで、300円のLEDライトにしては良くできている。
単三乾電池3本で約10時間使用できるようです。100円ショップの品質が高くなっていますね。

20210321141639.jpg

ダイソーライトをさっそく分解してみる

 4本のネジを外すと蓋が取れる。中身はシンプルな構造。
100円のLEDライトと同じ配線だった。コードはかなり細く、この辺からもコスト削減を意識しているんだろうな。

20210321141641.jpg

抵抗は1KΩが入ってた。単三乾電池3本の仕様のため、このままリチウムイオン電池の18650に置き換えても問題はない。

100円のLEDライトに比べて、スイッチの質が上がっていた。100円の物はスカスカで接触もあまり良くなかったが、300円のLEDライトは「カチッ」としていた。

20210321141640.jpg

拡散用の発光部には8つのLEDチップが乗ったモジュールが入っていた。

20210321144524.jpg

サーチライト用のチップは1WのLEDライトで放熱フィンが付いていた。

20210321141642.jpg

充電式に改造してみる

リチウムイオン18650をインストールするため、本体をカットしていく。

裏ブタの突起をカット。

20210321141643.jpg

電池の収納部をカットしてリチウムイオン電池18650をセットしてみた。

20210321151240.jpg

充電用チップはTP4056を使用。


 

このチップは本当に優秀。4.2V以上になると過充電防止で給電が中止されます。

20210321144525.jpg

B+、B-の端子が4つあるものにしてください。

配線する。抵抗はそのままだとショートするとマズいので伸縮チューブで保護しておきました。

20210321151239.jpg

グルーガンで配線の固定と絶縁処理。

20210321141644.jpg

裏から見るとこんな感じ。電池もグルーガンで固定。

20210321141645.jpg

完成そしてテスト点灯

 かなり明るいです。ただし、ダイソーの100円LEDの方が更に明るい。

自立して点灯できるのはポイントが高いです。これが意外と重要で、キャンプでテーブルの上に置けるって意外と便利。

20210321141646.jpg

この300円LEDライトは自立しながら、広く照らすこともできる。

20210321141648.jpg

サーチライトも1wLEDのハイパワー。

20210321141649.jpg

充電用の穴を空けてTP4056にアクセスできるようにしました。
充電中は赤ランプが点灯し、充電が完了するとランプが緑色に点灯します。

20210321141647.jpg

LEDライト改造シリーズ

 

ページ移動

ユーティリティ

サイト内検索

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed