東港研究所給湯室-海のルアーフィッシング休憩室-

エントリー

タグ「Webカメラ」の検索結果は以下のとおりです。

【IoT】ESP32を使ったWebカメラの電圧を下げてみた。

 電源周りをリチウムイオン電池18650の3本並列に変更してみた。
これにより、稼働時間が大幅に伸びた。

20200502215950.jpg

しかし、依然として稀にgoogleドライブのスクリプトを叩かないことがある。
また、依然として発熱量が多い。

20200502213753.jpg

試しに、固定観念を捨て去り、電圧を5.3v低下させてみた。

意外とイイ。最初に使った電源モジュールがおかしかったのか?

発熱量ほぼなし。ヒートシンク不要。

経過観察してみます。

【IoT】ESP32-CAMの電源を改造してみた。

気になるほどではないけど、まれにエラーでアップされていないことがあったので対策してみた。

まずは電源。EAS32は3.3vでも稼働するとなっているけど、redditやgithubなんかのレビューを見ると5v以上を推奨しているみたい。

 安全策をとって5v仕様にしていたが、何かの拍子に電圧が降下している様子。

20200502213752.jpg

 使用中の電圧を計測すると5.1vから5.2v出ていた。

実験的に電源モジュール、接続しているケーブルも太いものに変更してみた。

20200502214230.jpg

実験なので可変式。少し高めの5.8vに変更。

偶然かもしれないが、精度は向上した。これが正解化は不明で、変更前のモジュールが破損していたのかもしれない。

お世話になっているmgo-tec電子工作さんのサイトでは5Vラインが最大1vの電圧降下が確認されたとのこと。
この辺が影響していたのかな。

いずれにしても、しばらく観察します。

【IoT】ESP32で撮った写真をgoogleドライブに転送してみた。【後編】

前回の記事はこちら → 【IoT】ESP32で撮った写真をgoogleドライブに転送してみた。【前編】

さすがはgithub

やりたいことが、そのままあった。
この手の欲しい情報はgithubが良い。片言の英語でもなんとか探せる。

github esp32cam-gdrive

webカメラのシステムの概要

ESP32-camで撮影 → googleドライブのscriptを叩く → データをアップロード

を2分間隔で繰り返す。

ESP32のスケッチはhttps://github.com/gsampallo/esp32cam-gdriveを参照してください。

SSIDとパスの設定は9行目付近

const char* ssid     = "SSID";   //your network SSID
const char* password = "PASSWORD";   //your network password

11行目で後述するスクリプトを指定します。

String myScript = "/macros/s/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/exec";    //Replace with your own url

撮影間隔は101行目の

deray(60000)

を変更してください。1000=1秒です。

googleドライブの設定

googleドライブに転送用フォルダを作成します。とりあえず「ESP32-CAM」としておきました。

次にスクリプトを設置します。

 googleドライブ → 新規 → その他 → googleAPPscript 

function doPost(e) {
var data = Utilities.base64Decode(e.parameters.data);
var nombreArchivo = Utilities.formatDate(new Date(), 'Asia/Tokyo', 'yyyyMMdd_HHmmss')+".jpg";
var blob = Utilities.newBlob(data, e.parameters.mimetype, nombreArchivo );

// Save the photo to Google Drive
var folder, folders = DriveApp.getFoldersByName("ESP32-CAM");
if (folders.hasNext()) {
folder = folders.next();
} else {
folder = DriveApp.createFolder("ESP32-CAM");
}
var file = folder.createFile(blob);
return ContentService.createTextOutput('Completo')
}

を書き込んだら適当な名前で登録

公開 → アプリの公開

20200502161711.jpg

Execute the app as: → 自分のアドレス

Who has access to the app → Aniyone even anonymous

要は、アップされた画像の所有権は自分だけで、app自体は誰がアクセスしてもいいよってことです。

ESP32をリセットして終了

esp32camの動作を確認してみる

googleドライブの「ESP32-CAM」フォルダに画像が転送されていれば成功です。

20200502163610.jpg

完璧に動作しました。

 

参考サイト

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

サイト内検索

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed