東港研究所給湯室

エントリー

タグ「arduino」の検索結果は以下のとおりです。

【技術メモ】Lubuntu 18.04 のモニター設定でハマった記録【Linux】

化石パソコンなんで、ほとんど需要はないと思うけど、自分用にメモしておく。

工人舎SH8をSSD化してみたが、LinaxのLubuntuのインストールでハマった。

20210511101726.png

現象を確認してみる

USBからインストールしたまでは良かったが、モニターがデフォルトの800×600のまま変更できない現象が発生。

 システムの設定でモニタを1024×600に設定すると、再起動時にブラックアウトして全く先に進めなくなる。

しばらく放置(30分ほど)するとlogin画面が現れるが、ログインするとブラックアウト。

あれこれ試す

電源投入後にEscキーを押してリカバリーモードで起動して、GUIfilsafaxしてみたけど、全く効果なし。もちろんほかのコマンドも試したけどダメ。
USBから起動すると問題なく起動するので、ソフトウェアの問題であることは間違いない。

ブラックアウトしたあと、alt+Ctr+F1でCUIモードを試すと入れた。
単純にGUIが表示されないだけと断定。

これまで、あれこれ弄くったので、再インストールすることにした。

再インストール後に、tarminalを開いて $xranr コマンドで状態を調べる。

$ xrandr

20210511101719.png

入力後に出力された情報

Screen 0: minimum 8 x 8, current 800 x 600, maximum 32767 x 32767
LVDS1 connected primary 800x600+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 433mm x 271mm
   1024x600      60.00 +
   1024x576      59.82  
   960x540       59.63    59.82  
   800x600       60.32    56.25  
   864x486       59.92    59.57  
   640x480       59.94  
   720x405       59.51    58.99  
   640x360       59.84    59.32  
   512x300       60.00  
TV1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
TV2 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
TV3 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
TV4 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
VGA1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
VGA2 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
VIRTUAL1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
  1024x600 (0x4b) 45.000MHz +HSync +VSync
        h: width   800 start 1034 end 1064 total 1200 skew    0 clock  37.50KHz
        v: height  600 start  601 end  606 total  625           clock  60.00Hz

 1024x600      60.00 + と表示されているので、ドライバーは問題なく読み込んでいるようだ。
xrandrのGUIを疑い始める。

Tarminalから次のコマンドを入力してみる。

sudo xrandr --output LVDS1 --mode 1024x600

記述では auto でも良いようだが、あえてSH8の標準サイズを指定してみた。

1024×600表示になった

20210511101721.png

うまくいきました。

しかし、再起動すると800×600に逆戻り・・・・

プロファイルへの書き込みが必要みたい。xprofileに書けばいいのかな。
上記のコマンドで1024×600へ変更した後にシステムからXrandrモニタの設定を覗くと、設定が1024×600に変更されてたので「保存」ボタンをクリック。

20210511102805.png

xprofileが上書きされたみたい。

再起動すると、ログイン後に1024×600になりました~ 

前にインストールした時はこんなことは無かったのに何で??? ネットに接続しないでインストールしたのに??

メモ

スタートアップで設定すると間違いないみたい。
そのうちやってみよう。

https://wiki.archlinux.jp/index.php/Xrandr

ヒント: KDM と GDM には X が初期化されたときに実行されるスタートアップスクリプトが存在します。GDM の場合、スクリプトは /etc/gdm/ にあり、KDM の場合、スクリプトは /usr/share/config/kdm/Xsetup、SDDM の場合、/usr/share/sddm/scripts/Xsetup です。この方法は root 権限を必要とし、システムの設定ファイルを弄る必要がありますが、起動プロセスでは xprofile よりも早く設定が適用されます。

参考サイト

【Ubnutu】リカバリーモードで起動する方法【18.04】

【技術メモ】Arduino Thinary を使うときのボードの設定【ArduinoIDE】

格安ボードのThinaryをarduinoIDEで使うための設定メモ。

20201215085024.jpg

https://www.aliexpress.com/item/32864165819.html

このボード、小型で格安。

ボード情報が無いため、メモしておく。

ArduinoIDEの設定

20210216115934.png

  • ボード → Arduino Nao
  • プロセッサ → ATmega32p (old bootloader)

部品的には古いため、oldbootloaderを選択する。意外とつまづく。

スケッチを書き込む

20210216115933.png

スケッチが書き込めたら完了。

【Arduino】ESP32 Devkitc v4 をリナックス(ubuntu)で書き込んでみた【技術メモ】

  1. はじめに

linux(ubuntu)でArduinoUNOやArduinoNanoなどの書き込みは成功していたが、ESP32だと書き込めなかったので、設定してみた。
ここでは、Lubuntuをにインストールしてみます。

20210121143719.png

ボードのインストール

ArduinoIDEを開いてCtrl+、を押すと設定画面が展開します。
そこのボードに「https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json」を追加します。

20210216124612.png
ツール>ボード>ボードマネージャ 検索で「ESP32」と入力
ボードが表示されたらインストール。

コンパイル開始

サンプルを適当にesp32に書き込むと次のエラーが表示された。

exec: "python": executable file not found in $PATH
ボードESP32 Dev Moduleに対するコンパイル時にエラーが発生しました

どうやら、Pysonモジュールが入っていないようです。

http://arduino-er.blogspot.com/2020/06/install-esp32esp8266-to-arduino-ide-on.html

LXTerminalを起動し、コマンドを順番に入力。

$ sudo apt install python-is-python3
$ sudo apt-mark hold python2 python2-minimal python2.7 python2.7-minimal libpython2-stdlib libpython2.7-minimal libpython2.7-stdlib

20210511101725.png

2番めは、古いpysonがインストールされないようにするためらしいのですが不要かと思われ混る。 

再度コンパイル

ImportError: No module named serial
exit status 1
ボードESP32 Dev Moduleに対するコンパイル時にエラーが発生しました。

またエラー

pipモジュールが入っていないからでるらしい。
んで、pipとpyserialを追加。

$ sudo apt install python3-pip
$ pip3 install pyserial

ESP32の書き込みテスト

ESP32DevKITCの場合は、ボードの「ESP32 dev modul」を選択。

20210121143718.png


ボードの選択で
ファイル>スケッチ例>ESP32 から適当なスケッチ例を開いて書き込んでみる。

heard resetting via RST pin ..... 

と表示されれば成功です。

だめなときは

ダメなときは次のコマンドを実行してみる。

  • $ sudo apt install python-pip
  • $ sudo pip install pyserial

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

ユーティリティ

サイト内検索

twitter

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed