東港研究所給湯室-海のルアーフィッシング休憩室-

エントリー

【薫玉】スモークに再チャレンジしてみた。

仕事帰りにソロキャンプに行ってみた。3張目 で燻製にチャレンジしてみたが、再度挑戦してみた。

今回は、前回よりチップの量を増やしてみた。20200812150640.jpg

そんでゆで卵も用意。少し量が多かったかな。
クッカーは前回同様にキャプテンスタッグのスキレットを合わせて使う。

20200812150641.jpg

今回もうまくいった。個人的には、「ほんのり香る」程度のスモークがお気に入り。

20200812150642.jpg

魚介類にも挑戦してみたい。

【備忘録】ブログのレスポンシブ対応

 googleで推奨しているレスポンシブサイト用のメタタグ 

<head>
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
</head>

 https://developers.google.com/web/fundamentals/design-and-ux/responsive

古いブラウザだと、必要みたい。

initial-scale=1

昔はこれでも良かったんだよな。

width=device-width

実際に試したみたけど、デフォルトで半分くらいのサイズで表示されてしまった。最初から指定することで、これを回避できるみたい。

スマホの縦バージョン
20200912212441.jpg

スマホの横バージョン
20200912212442.jpg

勉強になった。

【JZA80】スープラでちょっとドライブしてみた。

スープラでドライブしてみた。

平成7年式の80スープラ君も25歳を迎えようとしていますw
20200831220207.jpg

たまに乗ってあげないと不機嫌になることもあります。20200831220204.jpg

25年経過していますが、ボディー色は当時の色です。普段は、なるべく紫外線が当たらないようガレージの奥底で眠っています。
まだまだ、きれいな色でしょ?
20200831220205.jpg

ちなみに燃料ポンプは交換しています。20200831220206.jpg

メーター回りに歴史を感じるな~
20200831221050.jpg

現行の86に乗ってみたけど、やっぱハイテクだったな。
スープラに比べて何もかもが「カシッ」としてた。20年という時間の間に素材や技術が恐ろしいスピードで進化していたことを実感。
時間が止まったかのような自分と似ているような気がした。

 

【ソロキャンプ】仕事帰りにキャンプをしてみた。4張目

前回→仕事帰りにキャンプしてみた。3張目

雨続きだったが、晴れ間をぬって仕事帰りにキャンプしてみた。

自作コントと自作ミニテーブルを使用。今回も好きレットを使ってみる。
スキレットは本当に便利なキャンプギアです。煮る、焼く、蒸す、燻すが可能で、重ね合わせるとオーブンにもなる。
20200812114515.jpg

しかーーーーーーし、開始早々にポツリ、ポツリ・・・・

天気予報では、降らないって言ってたのに・・・

雨足が強くなり最後には土砂降りへ・・・・

横付けしている車に避難しながら、アマゾンのタイムセールで買ったグランドシートをマグネットで固定。

このマグネットは非常に優秀で、かなりの磁力があります。車とタープを連結するにはマグネットが一番効率的です。
20200812114516.jpg

弱った火種を回復させつつ、キャンプ再開。
テントを張れる状況ではなくなったため、車中泊に変更。

まずは、冷たいグラスとビール&アサツキ。
このアサツキの触感と爽やかさが、ビールを引き立てる。20200812114517.jpg

スーパーで売れ残っていたブリの刺身(笑)200円の割に脂がのっていて美味かった。
キャンプで刺身って・・・いえ、ソロキャンは自由なんです(笑)
20200812114518.jpg

ハイボールに移行。気温が高いので、氷の解ける速度が早い・・・タンブラーにしようか迷うところ・・・でもグラスの雰囲気って良いんだよね。

ヒグラシ?の来訪。鳴いたら追い払おうと思っていたけど、じっとしていたので、仲間に加える。
20200812114520.jpg

今日のメインディッシュは豚ロースブロックとタマネギ、ニンニク炒め。20200812114521.jpg

更に雨が強くなったので、早めの就寝。
車にエアベッドを敷いて、朝まで熟睡でした。2,000円以下のベッドだが、機能性は十分。かなりおススメできるキャンプギアです

【エアベッド】厚さ22cmのエアベッドを購入してみた

 明朝は、快晴。ご飯を炊いて、昨夜の残り物を炒めての朝食。

20200812114522.jpg

20200812114523.jpg

雨上がりのキャンプ場の朝って「清々しい」という言葉が良く似合う。

20200812114524.jpg

ソロキャンは自由で良いね。

【ESP01S】ESP01で室温、湿度をリアルタイムで測定してみる【ESP8266】

道具箱からこんな物が発掘されたので、遊んでみた。20200517133259.jpg

DH11モジュールで、温度センサー、湿度センサーを備えてます。
ESP8266にそのまま接続できるため、非常にコンパクトなwifi仕様のセンサーになります。

書き込み用に、シリアルコンバータを改造してみた。コンパクトで使い勝手が良くなった。GPIO0、ResetをそれぞれGNDに接続し、スイッチを付けただけ。20200517133257.jpg

#define BLYNK_PRINT Serial
#include <ESP8266WiFi.h>
#include <BlynkSimpleEsp8266.h>
#include <DHT.h>
 
char auth[] = "2456789911111111";
char ssid[] = "987654321";
char pass[] = "123456789";
 
#define DHTTYPE DHT11     // DHT 11
 
DHT dht(DHTPIN, DHTTYPE);
BlynkTimer timer;
 
void sendSensor()
{
  float h = dht.readHumidity();
  float t = dht.readTemperature(); // or dht.readTemperature(true) for Fahrenheit
 
  if (isnan(h) || isnan(t)) {
    Serial.println("Failed to read from DHT sensor!");
    return;
  }
  Blynk.virtualWrite(V5, h);
  Blynk.virtualWrite(V6, t);
}
 
void setup()
{
  Serial.begin(9600);
 
  Blynk.begin(auth, ssid, pass);
 
  dht.begin();
 
  timer.setInterval(1000L, sendSensor);
}
 
void loop()
{
  Blynk.run();
  timer.run();
}

20200517133258.jpg

いつものBlynkに接続。

20200517133300.png

非常にコンパクト。

20200517134020.jpg

農業分野などの温度管理に活用できそうですね。

ページ移動



ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ありがとうございます

ページ

  • ページが登録されていません。

新着画像

Feed