東港研究所給湯室-海のルアーフィッシング休憩室-

エントリー

タグ「キャブレター」の検索結果は以下のとおりです。

ZZR250のアイドリングが安定しない。

最近、ZZR250のアイドリングが安定しない。エンジンが温まっても、1500rpm/hを維持できず、エンジンがストールしてしまう。

とりあえず、動くので乗ってみるが、高回転は問題ないものの低回転が全然ダメ。しかも、エンジンブレーキを多用すると、マフラーから「パーン」と爆発音。停車してパイロットスクリューを調整してみるが、ほとんど効果なし。

これは、スロージェットの詰まりだな。

キャブレターの取り外し。

20171009010550.jpg

この辺は慣れたもんだな。

20171009010552.jpg

 さっさとバラしましょう。

20171009010551.jpg

 やっぱりスロージェットの詰まりだった。クリーニングで使えそうだったけど予備があるので交換。大量買いで1個100円程度。

20171009010553.jpg

 ついでに、パイロットスクリューも交換。

20171009010554.jpg

パイロットスクリューを交換するときは、奥にOリングがあるので忘れずに。

ついでにバキュームメーターで同調調整。かなり狂ってたな。こんなに狂うものなのか?

20171009010555.jpg

 そんで、完了。

20171009010556.jpg

キャブレターの最終セッティング-ZZR250の修理

 気温も上がったところでキャブレターの最終セッティングをやってみた。

 これでしばらくはキャブレターの整備はないだろう。

 もうひとつの負圧計を入手したので数値を見ながら同調スクリューを回してみることになる。

 負圧計をガムテで固定して、タンクへ繋がるホースに接続。 もう一方はエアカットバルブに繋がるホースを接続。

チョークを引いてエンジン始動。 しばらく暖気運転。
水温系が動いたところで測定開始。

ファイル 285-3.jpg

1番キャブは30cmHgを示しているが、2番キャブは27、8cmHgになっています。

 同調スクリューを1/5程度締めるとバランスが取れました。
やはり1つのバキュームメーターを交互に入れ替える方法より正確だな。

ファイル 285-4.jpg

 エンジン音が変わって静かになった。

これでキャブレターのセッティングは終了です。

 ついでに、エアクリとキャブレターの接合部に塗ったくったシリコン材の効果を見てみる。

 効果は抜群。 エアクリからの吸気音が無くなりました。
劣化したら次はホースバンドを試してみよう。

 これでほぼ二次吸気がカットされたな。 チョークスライダーのパッキンも交換するべきだったと反省。

 

 

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5


ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ありがとうございます

新着画像

Feed