東港研究所給湯室-海のルアーフィッシング休憩室-

エントリー

タグ「ファンヒーター」の検索結果は以下のとおりです。

【IoT】Wifiを使って自宅のファンヒーターをコントロールしてみた。その4

さらに、小型化してみた。使ったボードはMCULua。
arduinoにwifiチップが搭載され、さらにメモリが4MBと高性能。それにも関わらず、1つ450円程度と激安です。

ボードの追加はnodeMCU1.0を選択。転送設定はデフォルトでOK

これで、かなりの省スペース化を実現できました。あとはケースの作成か。

20200301111152.jpg

スマホ側のインターフェイスは、RemoteXYからBlynkに変更。
blymkの方が汎用性が高く、ガジェットも充実しています。スマホ側の設定は数分でできてしまうという優れもの。

20200301111153.jpg

HTML化してもよいのかもしれませんが、フリーソフトでここまでできれば十分です。

今回は、サーボモーターでコントロールしているため、ドアのロックやエアコンのリモコンスイッチ制御など、簡単かつ幅広く利用できる仕様になっています。

 

 

【IoT】Wifiを使って自宅のファンヒーターをコントロールしてみた。その3

サーボコントロールに挑戦。
ファンヒーターのスイッチをリレーを使って電気的に制御しても良かったんだけど、汎用性を考えてあえて、アナログ式にサーボで「スイッチを押す」を採用。

20200229175514.jpg

サンプルスケッチ 

#include <Servo.h>
 
Servo myservo;  // create servo object to control a servo
// twelve servo objects can be created on most boards
 
int pos = 0;    // variable to store the servo position
 
void setup() {
  myservo.attach(9);  // attaches the servo on pin 9 to the servo object
}
 
void loop() {
  for (pos = 0; pos <= 180; pos += 1) { // goes from 0 degrees to 180 degrees
    // in steps of 1 degree
    myservo.write(pos);              // tell servo to go to position in variable 'pos'
    delay(15);                       // waits 15ms for the servo to reach the position
  }
  for (pos = 180; pos >= 0; pos -= 1) { // goes from 180 degrees to 0 degrees
    myservo.write(pos);              // tell servo to go to position in variable 'pos'
    delay(15);                       // waits 15ms for the servo to reach the position
  }
}

無事に動作確認できました。

つづく

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2


ユーティリティ

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ありがとうございます

新着画像

Feed