エントリー

【IoT】ESP32-CAMを使ってWEBカメラを自作してみた。その1

コロナウイルスの影響で在宅ワークが増えましたね。 その影響からか、Webカメラの在庫が無くなってきたようです。

ウェブカメラを自作してみる

以前に3Dプリンタの監視目的として、ESP32-CAMを購入していましたので、カメラ用Webサーバーを建ててみたいと思います。
市販品はかさばるのと電源が100vになってしまうため、使い方が限られてくるのがデメリット。

ESP32-CAMのスペック

  • ESP32 スペック
    • デュアルコア Tensilica LX6 マイクロプロセッサ
    • 最大クロック 240MHz
    • 520KB RAM
    • 4MB Flash メモリ
    • 802.11 b/g/n Wi-Fi
    • デュアルモード Bluetooth (classic and BLE)
    • ハードウェアアクセラレーションによる暗号化 (AES, SHA2, ECC, RSA-4096)
  • CP2104 USB-UART変換ドライバ
  • OV2640 カメラセンサー
    • 出力フォーマット(8-bit):
      • YUV(422/420)/YCbCr422
      • RGB565/555
      • 8-bit 圧縮データ
      • 8/10-bit RAW RGB データ
    • 最大画像転送レート
      • UXGA/SXGA: 15fps
      • SVGA: 30fps
      • CIF: 60fps
    • スキャンモード: Progressive
  • カメラ スペック
    • 視野 : 65 度
  • 最大解像度: 200万画素(メモリの都合上、本ユニットは最大800 * 600 pixels JPEG)
  • サイズ: 20.5 × 46.5 × 11.5mm

20200501005027.jpg

20200501005028.jpg

こんなものが1000円程度で買えるとはスゴイ。

ArduinoIDEのボードの設定

ファイル → 環境設定 → ボード追加マネージャ で以下を追加。

 https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json

これでESP32が使えます。

ArduinoIDEの転送設定

次にarduinoIDEの最初に設定をしていきます。 転送設定などは次のとおり。

項目名 設定値
Board ESP32 Wrover Module
Partition Scheme Huge App(3MB No OTA)
Flash Mode QIO
Flash Frequency 80MHz
Upload Speed 921600

ボード名にESP32-CAMが直接ある場合は、そのまま選択。

参考サイト

https://qiita.com/Nabeshin/items/b195cad1afe99ce29f1e

次回は、転送に必要なUSBシリアルコンバータの設定を行います。

続きはこちらからどうぞ

ページ移動

ユーティリティ

サイト内検索

twitter

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed