エントリー

【Arduino】ESP32 Devkitc v4 をリナックス(ubuntu)で書き込んでみた【技術メモ】

  1. はじめに

linux(ubuntu)でArduinoUNOやArduinoNanoなどの書き込みは成功していたが、ESP32だと書き込めなかったので、設定してみた。
ここでは、Lubuntuをにインストールしてみます。

20210121143719.png

ボードのインストール

ArduinoIDEを開いてCtrl+、を押すと設定画面が展開します。
そこのボードに「https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json」を追加します。

20210216124612.png
ツール>ボード>ボードマネージャ 検索で「ESP32」と入力
ボードが表示されたらインストール。

コンパイル開始

サンプルを適当にesp32に書き込むと次のエラーが表示された。

exec: "python": executable file not found in $PATH
ボードESP32 Dev Moduleに対するコンパイル時にエラーが発生しました

どうやら、Pysonモジュールが入っていないようです。

http://arduino-er.blogspot.com/2020/06/install-esp32esp8266-to-arduino-ide-on.html

LXTerminalを起動し、コマンドを順番に入力。

$ sudo apt install python-is-python3
$ sudo apt-mark hold python2 python2-minimal python2.7 python2.7-minimal libpython2-stdlib libpython2.7-minimal libpython2.7-stdlib

2番めは、古いpysonがインストールされないようにするためらしいのですが不要かと思われ混る。 

再度コンパイル

ImportError: No module named serial
exit status 1
ボードESP32 Dev Moduleに対するコンパイル時にエラーが発生しました。

またエラー

pipモジュールが入っていないからでるらしい。
んで、pipとpyserialを追加。

$ sudo apt install python3-pip
$ pip3 install pyserial

ESP32の書き込みテスト

ESP32DevKITCの場合は、ボードの「ESP32 dev modul」を選択。

20210121143718.png


ボードの選択で
ファイル>スケッチ例>ESP32 から適当なスケッチ例を開いて書き込んでみる。

heard resetting via RST pin ..... 

と表示されれば成功です。

だめなときは

ダメなときは次のコマンドを実行してみる。

  • $ sudo apt install python-pip
  • $ sudo pip install pyserial

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

サイト内検索

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed