エントリー

【注意!】冬のキャンプは一酸化炭素中毒に注意!【警報機】

薪ストーブを導入したため、今後のテント内での使用を考慮して対策してみた。

一酸化炭素中毒中毒とは

 不完全燃焼などにより、発生した一酸化炭素がテント内に充満することにより、意識相がないどを引き起こすらしいです。
無色、無臭だと気が付かないかもね。

一酸化炭素チェッカーを購入してみた

アマゾンで安売りしていたので買ってみた。なんと破格の498円w

液晶パネル下にONやらOFFやらの刻印が見えるが、ボタンは無い(笑)

メインスイッチすらない・・・・

そして取り扱い説明書もない(笑)

この時点でヤラレタ感が強い。。。。。

20210109143112.jpg

とりあえ起動してみる

 裏蓋をはぐって、単4乾電池2本ンを入れると、液晶パネルが青く点灯する。

この時点で、中央にある丸いボタンを押すと、液晶が点灯するとともに、中央のLEDも赤く点灯して「ぴーーーーーピーーーーー」とかなり高音かつ大音量の警報音が数回鳴った。

その後、30秒ほどすると自動で消灯。

オイオイ。。。。 ヤバい。。。

しかし、良く見てみると中央のLEDが20秒から30秒ごとに緑色に点滅している。
省電力設計のためか、液晶を消灯しているようだ。

20210109143110.jpg

一酸化炭素で試してみる

 車のマフラーでも良いのだが、せっかくなんで煙突の煙で試してみた。
数値が高くなると、液晶が点灯して警報音が鳴った。数値は「680」を示したが、数値の精度は不明。

20210109143111.jpg

換気を想定して一酸化炭素警報機を煙から離すと、数値は下がり消音した。

20210109143109.jpg

結論

この安物警報機はちゃんと使えた。スイッチがダミーになっているなど、チープ感は否めないが、使用に関しては問題がなかった。
ちなみに七輪で炭を燃やしてみたが、きちんと数値は上昇し警報音も鳴った。

 設置したからと言って完全に安心できるわけではないが、数百円の投資の価値は十分にあると思う。

メインスイッチが無いのが残念だが、日常的に一酸化炭素を監視することはないので、使わないときは紙片を電極に挟めるなどで事は足りるだろう。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

サイト内検索

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed