エントリー

【爆発?】激安中華製コンロを暖房用ストーブとして使ってみた

たまたま目にとまった激安中華製コンロ1,339円を買ってみた。

ネットのレビューでは「爆発する」だの「使い物にならない」といった評価が多く寄せられている商品。

中華製コンロを開封してみる

いつもどおりに薄い段ボール箱をプリプチで包んだで状態で到着。よく中身が変形せずにれなく届いたもんだ。
肝心の製品は、値段相応で作りは「ガタガタ」といった方が良さげ。

20210214091515.jpg

全体的にチリが合っていない、五徳もピン留めのみ。
炎の調整用ツマミは動きが硬い。
まあ、1339円ということなんで許せる(笑)

コンロに点火してみる

灯油を入れて芯に灯油を吸わせた後、五徳、カバー(2分割式)を外して点火する。

20210214091516.jpg

20cmほどの火柱が上がりススが出たので、ススが出ない程度につまみを絞ると3分ほどで安定して青白い炎になった。

点火時の注意点

  1. 灯油を入れた後は十分に芯に灯油を浸透させる。
  2. 芯は受け皿から5mmほど出しておく。出し過ぎると炎が高く上がって危険なのと8芯に点火しづらくなる。
  3. 真ん中のバーナーだけはセットしたままで点火する。手返しを良くするため
  4. フード、五徳をセットしたらススが出ない程度までつまみをしぼる。
  5. 反射熱によって灯油の気化が高まると炎が自然と大きくなるため、5分程度は様子を見る。油断するとススが発生する。

一工夫してみる

カバーが分割式なので素早く装着できるように針金で一体化してみた。
手早く作業することができるようになった。

20210214091518.jpg

ヒーターアタッチメントを装着してみる

目的の中華製コンロの暖房ストーブ化をしてみる。
ヒーターアタッチメントは大きく分けて2種類売っているようだが、大きいサイズの方にしてみた。1190円と安い。

 大きいサイズにしたのは、コンロという製品の特性上、熱が上方向に向かうため、熱の抜けが悪くなると、下部のタンクに熱がこもると思ったため。

20210214091520.jpg

そんで、ピッタリフィット。

20210214091521.jpg

ギリギリ入るサイズなので、上にクッカーを置くことも可能だ。
心配ならビス止めすると良いかも。

実際に使ってみる

早速、キャンプに持ち込んで車中泊で使ってみた。

20210214091522.jpg

スキレットを乗せてみた。五徳の耐久性は十分。ただし、熱が下に反射してタンクが過熱されるので長時間使用する場合はもう少し高い五徳を使った方が良いようだ。

20210214091523.jpg

ヒーターアタッチメントの上で調理が可能。アタッチメントを外した場合に比べて、火力には下がるが、10分ほどで水を沸騰させることができた。安定性を高めた上で使用すると良い。

20210214091524.jpg

お湯を沸かしながらの暖房も機能した。火力を上げると灯油臭が強くなるので注意が必要。

20210214091525.jpg

超ローコストな火器

手間の掛かるコンロですが、超ローコストでの運用が可能です。
0.5Lの灯油で一泊のキャンプくらいなら使えますので、単価にしてみれば数十円になります。

 灯油なのでガソリンに比べて安全で簡単に手に入るし、携行は500mlのアルミ缶コーヒーの空き缶も使えます。

中華製ストーブを使うときの注意点

  1. 一酸化炭素中毒を防止するため、使用時は窓を少し開けておく
  2. 一酸化炭素チェッカーを使用する →【激安】一酸化炭素チェッカーを検証してみた
  3. 就寝時は必ず消火する
  4. 空焚きを防ぐため、使用前に十分に灯油を入れておく
    何回か使用しましたが、とろ火で5時間は使えます。
  5. パッキンがなく揺れると灯油がこぼれるので、収納時は灯油を少なくしておく
  6. ツマミを絞ってもすぐに火は消えません。一番下まで絞って、数分待つと消火します。
  7. 急ぐときは、炎が極小になったら「ゆっくり」と息を吹きかけて消火する。火が強い状態で息を吹きかけると酸素量が急激に増えて「ボッ!」と小爆発する事があります。

中華コンロはあまりおすすめしない

以上のようにかなり使いにくい製品であると同時に使い方によっては大変危険です。
使用時は気が抜けない(笑)

手間が掛かるのが好きって人向けですね。

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

サイト内検索

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed