エントリー

【100円ショップ】DAISOの300円LEDライトを改造してみた【ダイソー】

100円ショップのダイソーの300円LEDライトを改造してみた。

3WAYで使えるとのことで、300円のLEDライトにしては良くできている。
単三乾電池3本で約10時間使用できるようです。100円ショップの品質が高くなっていますね。

20210321141639.jpg

ダイソーライトをさっそく分解してみる

 4本のネジを外すと蓋が取れる。中身はシンプルな構造。
100円のLEDライトと同じ配線だった。コードはかなり細く、この辺からもコスト削減を意識しているんだろうな。

20210321141641.jpg

抵抗は1KΩが入ってた。単三乾電池3本の仕様のため、このままリチウムイオン電池の18650に置き換えても問題はない。

100円のLEDライトに比べて、スイッチの質が上がっていた。100円の物はスカスカで接触もあまり良くなかったが、300円のLEDライトは「カチッ」としていた。

20210321141640.jpg

拡散用の発光部には8つのLEDチップが乗ったモジュールが入っていた。

20210321144524.jpg

サーチライト用のチップは1WのLEDライトで放熱フィンが付いていた。

20210321141642.jpg

充電式に改造してみる

リチウムイオン18650をインストールするため、本体をカットしていく。

裏ブタの突起をカット。

20210321141643.jpg

電池の収納部をカットしてリチウムイオン電池18650をセットしてみた。

20210321151240.jpg

充電用チップはTP4056を使用。


 

このチップは本当に優秀。4.2V以上になると過充電防止で給電が中止されます。

20210321144525.jpg

B+、B-の端子が4つあるものにしてください。

配線する。抵抗はそのままだとショートするとマズいので伸縮チューブで保護しておきました。

20210321151239.jpg

グルーガンで配線の固定と絶縁処理。

20210321141644.jpg

裏から見るとこんな感じ。電池もグルーガンで固定。

20210321141645.jpg

完成そしてテスト点灯

 かなり明るいです。ただし、ダイソーの100円LEDの方が更に明るい。

自立して点灯できるのはポイントが高いです。これが意外と重要で、キャンプでテーブルの上に置けるって意外と便利。

20210321141646.jpg

この300円LEDライトは自立しながら、広く照らすこともできる。

20210321141648.jpg

サーチライトも1wLEDのハイパワー。

20210321141649.jpg

充電用の穴を空けてTP4056にアクセスできるようにしました。
充電中は赤ランプが点灯し、充電が完了するとランプが緑色に点灯します。

20210321141647.jpg

LEDライト改造シリーズ

 

ページ移動

コメント

  • コメントはまだありません。

コメント登録

  • コメントを入力してください。
登録フォーム
名前
メールアドレス
URL
コメント
閲覧制限

ユーティリティ

サイト内検索

ありがとうございます

新着画像

過去ログ

Feed