エントリー

【ワンタッチテント】コスパ抜群!ケシュアトの2seconds eazy をレビューしてみる

  • 2021/09/28 06:15

20年物のテントが水没したため、テントを新調してみた。

ケシュアのテント2SECONDS EASYの画像1

ケシュア(デカトロン) 2seconds  EASY

とにかく簡単に設営できるテントを探してみたらちょうど良いワンタッチテントを発見。
ケシュアの 2seconds EASY さすがに2秒では展開できないが、設置方法はほかのテントに比べてもとても簡単。

ちなみにケシュア(デカトロン)はフランスのメーカーです。

ケシュアのテント2SECONDS EASYの全景画像

ロープを引くだけ簡単に設営可能

ワンタッチテントの本体を収納袋から出して広げる。場合によってはグランドシートを敷く。

ケシュアのテント2SECONDS EASYの展開画像

赤いベルトが2つ付いているので引く。

ケシュアのテント2SECONDS EASYの画像3

2つのベルトを引っ張ると、こんな感じに傘のようにテントが自動展開する。

ケシュアのテント2SECONDS EASYの画像4

この際、上部2か所のベンチレーターも自動で展開するギミック。

ケシュアのテント2SECONDS EASYの画像5

テントの4か所をペグダウンして完成。風が強い場合はフライシートのガイロープをペグダウン。

ケシュアのテント2SECONDS EASYの画像6

フライヤー二重構造、遮光で快適

このテントは二重構造になっていて炎天下でも意外と涼しい。
フライシートは厚手で遮光性が高く、フルクローズにすると中が暗くなるほどで、日の出と同時に起きることはない(笑)

ケシュアのテント2SECONDS EASYの画像7

クローズするとテント内はこんな感じで、日中でもライトが無いと良く見えないほど。

ケシュアのテント2SECONDS EASYの室内画像

テントを支えるポールも複数使われていて、ほかのワンタッチテントに比べても強度が高いと思われます。

ケシュアのテント2SECONDS EASYの内部構造画像

テント内は余裕の広さ

幅が145cm、長さが205cmなので室内は広々。ローコットなら余裕で入ります。

ケシュアのテント2SECONDS EASYとローコットの画像

インナーテントはフルメッシュで風通しが良い。

IMG_20210827_123010_833.jpg

小物入れが3か所ついているのもなかなか便利。

ケシュアのテント2SECONDS EASYの小物入れ画像

テントの左右にポケットがあるのだが、なぜか片方だけ1つ。なんで?

ケシュアのテント2SECONDS EASYの画像10

インナー、フライシートもダブルジッパーで開閉もスムーズです。

ケシュアのテント2SECONDS EASYのジッパー画像

片付けも簡単テント

このテントは片付けも簡単。展開用ベルトがついているボタンを2か所押すだけ。

ケシュアのテント2SECONDS EASYの収納作業画像

この状態になったら、4隅、ベンチレーター(骨組み部)とボタン部分をまとめる。
収納のコツは骨組みをまとめたら、テントの底の部分(黒いシート)でフライヤー(白い部分)を包み込むようにすると均等にたためます。

ケシュアのテント2SECONDS EASYのたたむ画像

4隅、ベンチレーター、展開ボタンをまとめる。
この際に100円ショップで売っている「ゴムベルト」があると更にキレイにたためます。

ケシュアのテント2SECONDS EASYのベンチレーター画像

こんな感じで骨組みをまとめてから、生地の部分をまとめるとさらにキレイにたためます。

ケシュアのテント2SECONDS EASYのまとめ画像

手が大きい人ならなくてもキレイにたためると思います。

デカトロンの2SECONDS EASYの収納袋画像

おわりに

ワンタッチテントなので数分で設置、収納が可能、収納もコンパクト。
2か所の出入り口がフルオープンになるので、風が吹き抜けてくれて非常に快適。

価格が17800円とそこそこの値段ですが、その価値がある製品だと思います。

ケシュアのワンタッチテント「2seconds EASY」はお勧めできます。

キャンプサイトが新しなりました!く

新しいキャンプ情報はこちら! → キャンプ泊|Camp Hack

ページ移動

ユーティリティ

サイト内検索

twitter

ありがとうございます

過去ログ