拡大 縮小 元に戻す

HOME > ワカサギ釣り 電動リール&ロッド作製 > 手作り♪ワカサギ釣り 電動リール(初号機)

手作り♪ワカサギ釣り 電動リール(初号機)

手作り♪ワカサギ釣り用 電動リール

 昨年から始めたワカサギ釣り。 釣り場で驚いたのが、ワカサギ釣り用電動リール。
ワカサギ釣りと言うと、手タグリやベイトリールと思っていたのが、ハイテクですね(笑) 電動と云っても、元々ワカサギは繊細な釣りですから、おもちゃの部品で十分製作できます。

 市販品(1〜2万円)もありますが、手作りによるオリジナルの電動リールを使用している人が圧倒的に多い。  天候不順で釣りに行けない日が多くなってきたので、暇つぶしに作ってみました。
ワカサギ特集


ノーブランド 銀狼ウルフL(限定アルミケース付き)

ノーブランド 銀狼ウルフL(限定アルミケース付き)


設計

 思いつくままに、カレンダーの裏にいくつか電動リール本体のデザインを下書き。 CADを使って精密?!な設計をして見ました。そのまま図面を印刷して、ボディーとなる板に転写する予定。

 ホームページなどを参考に、一番簡単と思われる動力、クラッチを採用。 何せ初めてなもので(笑)

材料

 ホームセンターで材料の購入。 (価格は参考です。)
○電動リール本体用木材(ヒノキ) @160円×2=320円
○木ネジ 2.5mm×3mm 150円
○耐水ペーパーセット (サンドペーパー) 200円
○アルミ某(中空) 5mm×1m 360円
○タミヤ プーリーセットS 300円
○ミシン用ボビン 200円(6個入り)
○針金 1mm 150円
○モーター ミニ四駆用 300円
○瞬間接着剤 @200円×2=400円
○電池ボックス 単3用 150円
○メインスイッチ 150円
○2極スイッチ(巻き込み防止スイッチ) 120円
○ニス 300円
○ウスメ液 200円
○ハケ 200円

合計3,500円 

ワカサギ電動リール(切り出しと仮組み)

とりあえず木材を切り出して動力部分を仮組みしてみました。
動力部分は、プーリーを使用し輪ゴムで駆動します。
わかさぎ電動リール1わかさぎ電動リール2わかさぎ電動リール3わかさぎ電動リール4
 とりあえずスイッチオン! 多少ガタツキはありましたが、ワカサギを釣り上げるには十分でした。
ゴムの耐久性に疑問はありますけど・・・

ワカサギ電動リール(クラッチの構造)

 単純な構造にするため、地球の重力を利用します。 (爆)
要するに、本体を逆さにしてボビンをフリーにする構造です。 オイルを入れればもっとスムーズにフリーになると思います。
わかさぎ電動リールのクラッチ部分

ワカサギ電動リール(ボディーの作成)

 仮組みもうまくいったので、いよいよ本体の作成です。
パーツの入る溝を彫り瞬間接着剤で固定していきます。 このとき接着剤を多く塗りすぎると、厚みで綺麗に貼り合いません。 少量がキモです。
ワカサギ電動リール 貼り合わせワカサギ電動リール 貼り合わせ2

 駆動部分もコードの溝を彫っていきます。パイプを埋め込んだ方が良かったか・・・
ワカサギ電動リール 駆動部分1ワカサギ電動リール コード処理

段々と形になってきました。
ワカサギ電動リール本体ワカサギ電動リール 外観

 モーターの交換が出来るように側面の壁が取り外しできるようにしています。 
本体にナットを埋め込み、壁の上部からネジ(2mm×30mm)で固定する構造です。
ワカサギ電動リール下部

ワカサギ特集

手作り♪ワカサギ電動リール(初号機)その2へ


HOME > ワカサギ釣り 電動リール&ロッド作製 > ワカサギ釣り 電動リール(初号機)