【さらばCR2032】充電可能なボタン電池LIR2032を使ってみた【ポケモンGoプラス】

ボタン電池充電器電子工作
[PR]

ボタン電池を充電してみる

かねてから、ポケンモンGoプラスに使用されているCR2032電池の持ちの悪さが気になっていいました。常に予備をストックしていますが、いちいち補充するのも面倒だし、長期保存は劣化が心配です。

外部電源化もアリなのだが、どうしてもかさ張るのがネック。
画像リチウムイオン電池の18650を使っています。
ボタン電池cr2032の充電式にしてみみる

[PR]

CR2032互換LIR2032

ってことで選択したのがLIR2032バッテリー。CR2032互換のリチウムイオン電池です。
充電できるボタン電池
1個200円程度です。 半年もあれば元を取ることができます。

データシートを確認すると、Min3vからMax4.2vの電圧だった。CR2032の電圧が3.1V程度なので、かなりオーバーしているように見えますが、ポケモンgoプラスの基盤を見ると3.6vでもいけそうだったので、問題ないと判断しました。

データシート →https://www.powerstream.com/p/Lir2032.pdf

 

充電にはTP4056を使うことにしました。1個50円程度と格安の充電ボードです。
過充電防止機能で満充電になると電流がカットされます。
しかし、LIR2032は充電電流が35mAまでとなっているため、TP4056の1Aでは大きすぎます。

[PR]

ボタン電池の充電器を自作してみる

ボタン電池の充電器を自作してみます。
ネットで探したら、ちょうど良い記事を発見しました。
https://www.instructables.com/id/Cheap-LIR2032-Coin-Cell-Charger/

R4の抵抗1.2KΩを33KΩにすると36mAになるとのこと。
余裕をみてそれ以上の抵抗を入れたかったが、残念ながら手持ちがなく33kΩを選択。

  • 1/1.2k*1200≒1.0A
  • 1/33k*1200≒0.036A
  • 1/36k*1200≒0.033A
  • 1/47k*1200≒0.025A

36KΩが欲しかった。
ボタン電池の充電器を作る

1.2Kの抵抗を取り外して、33kの抵抗を装着。
LIR2032の充電器を自作する

抵抗が二つあったんで、欲張って2系統作ってみたました。多分イラネ。
この充電器コスパ最高。全部で100円程度(笑)
自作したボタン電池充電器

テスターで電流を測定して、36mAが流れていることを確認。リチウムイオン電池の取り扱いは慎重に。
ボタン電池充電器の自作

スイッチオン。充電中の赤ランプ点灯。
充電が完了すると青ランプになり充電が中止されます。
ボタン電池を充電中

LIR2032を2個同時充電中。
Lir2032を充電してみる

ポケモンGoプラスで使ってみる

実際にポケモンGoプラスで使えるのか?????

全く問題なく動いています。

稼働時間を測定しましたが、1日3時間程度稼働して7日間稼働しました。
電圧を測定すると3v以上あったので、2週間くらいは使えると思います。ただし、電池の品質などによって、稼働時間が大幅に短くなる場合もあるので、目安と考えてください。

LIR2032の充電器もありました

セット商品もあるようです。 自作が面倒ならセット商品を買うのもアリかと思います。

(Visited 269 times, 121 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました