WordPressでロリポップのファイアーウォールを突破する

LOLIPOPで403エラー画面WordPress
[PR]

ロリポップサーバーあるある

見事に引っかかったので記録しておきます。
WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)にやられました。

[PR]

Cocoonの更新ができない?!

WordPress を導入して、まず引っかかったのが、更新ができない症状w
対処方法を探しましたよwハイ。

[PR]

WAF ファイアーウォールを突破せよ

下のサイトを参考にさせてもらいました。
ロリポップでWAFが有効だと403エラーが出る!その対処方法?

要は、lolipop側でサイトのセキュリティーを高めるためにスクリプトなどを制限しているようです。

Lolipopサーバーを確認してみる

ということで、サーバーの設定を確認してみました。

WAFの設定

サーバーすべてにWAFが有効になっていました。
さすがにファイアーウォールの無効は怖いので、必要なドメインだけ無効にしてみました。

そんで、アッサリと403エラーもなく更新。 ちなみに、無効になるまで数分かかりました。

毎回無効にするのは面倒だ。。。

上記の方法だと更新するたびにロリポップサーバーにログインしてWAFの有効、無効を選択しなければならないため面倒です。

ということで、ロリポップのヘルプを漁ると、対処方法がありました。

PHPやCGIでプログラムの記述変更をしたところ403errorが表示されます

要するに、「署名を発行するので、.htaccessを書き換えれば、通しあげます」ってことみたいです。

.htaccessを書き換える

次の手順でロリポップが発行してくれる「署名(シグネチャ)」を取りに行きます。

  1. lolipopにログイン
  2. ユーザー専用ページ
  3. セキュリティ
  4. WAFの設定
  5. ログ参照をクリック

403エラーの対処方法

検出されたシグネチャが表示されます。
赤丸に表示されているコードをコピーします。
WAFの設定

次に、FTPソフトを使うか、「ロリポップ!FTP」を使って.htaccessを書き換えます。
ロリポップFTPを使う場合は、

  1. ロリポップ!FTPにログイン
  2. WordPressが入っている最初のフォルダにある.htaccessをクリック

.htaccessへの書き方は次のコードを一番上に書きます。

# BEGIN WordPress

の上でOKです。

<IfModule mod_siteguard.c>
SiteGuard_User_ExcludeSig 111111111,222222222
</IfModule>

上記「11111111,22222222」の部分をコピーした署名(シグネチャ)書き換えてください。
複数のシグネチャが表示されている場合は、「,」(カンマ)で区切って書き込みます。 スペースは入れない。

ファイアーウォールの突破確認

書き換え後、数分待つとでアクセスできるようになります。
.htaccess の追加書き込み後は問題なく動作しました。

WAFの設定終了

おわりに

ファイアーウォールは重要なので、書き換え後に必ず「有効」になっているか確認してください。

(Visited 27 times, 4 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました