【化石パソコン】ubuntu搭載機をクロックアップしてみた【技術メモ】

Linux

どうなるかわからんけど、クロックアップしてみた。
使っているSH8はA110 800Mhz、メモリ1GBという超ロースペック。

スポンサーリンク

クロックアップ用のソフトをインストール

cpufrequtilsというメジャーなソフトを使う。Tarminalから次のコマンドでインストール。

$ sudo apt install cpufrequtils
スポンサーリンク

CPUを確認してみる

インストールが終わったら、CPU情報を確認してみる。

$ cpufreq-info

98327589235.png

scaling_governorの設定が「ondemand」になってる。

cpufrequtils 008: cpufreq-info (C) Dominik Brodowski 2004-2009
Report errors and bugs to cpufreq@vger.kernel.org

Governorの説明を読むと、performanceの設定が良いみたい。

Governorの説明 wikiより
performance ??? 最大周波数で CPU を動作させます。
powersave ??? 最小周波数で CPU を動作させます。
userspace ??? ユーザーが指定した周波数で CPU を動作させます。
ondemand ??? 負担にあわせて周波数を動的に切り替えます。負担が高まると周波数が高くなり、アイドル時間が増えると元の周波数に戻ります。
conservative ??? 負担にあわせて周波数を動的に切り替えます。ondemand と違って段階的に周波数を切り替えます。
スポンサーリンク

performanceに設定してみる。

ターミナルから次のコマンドを実行する

$sudo cpufreq-set -g performance
$ cpufreq-info

うまく切り替わったみたいです。

askdfjiweagwig.png

実際に使ってみる

設定の常時800Mhzで稼働しているけど、体感的にはほとんど変化は感じられない。
気休め程度といったところででしょうか。
power save なんかは、バッテリーの消費を抑えたり、発熱量を抑えるなどの効果がありそうな気がする。

起動時のデフォルトを設定する

このままだと、再起動時にondemandに戻ってしまうので、performanceに固定してみる。

$ cd /etc/default

root権限での処理が必要だった。

$sudo -s

$vi や$touchコマンドでファイル名「cpufrequtils」を作成する。
拡張子などは不要。

適当なエディタでコピペして保存。

ENABLE="TRUE"
GOVERNOR="performance"
MAX_SPEED=0
MIN_SPEED=0

このファイルでperformanceに設定されるが、起動時にondemandに上書きされてしまうので、起動ファイルのondemandを削除する。

$systemctl disable ondemand

おしまい。 効果が感じられない分、心配していた発熱量もないw

参考文献

【Ubuntu】cpufrequtilsでCPUのクロック制御して、間接的にファンの制御。

関連記事

(Visited 6 times, 6 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました