【Webカメラ】ESP32-CAM撮った写真をGoogle Driveに転送してみた。【後編】

電子工作

無料のグーグルドライブを使ったWebカメラを作ってみました。

前回の記事はこちら → 【IoT】ESP32で撮った写真をgoogleドライブに転送してみた。【前編】

[PR]

さすがはgithub

やりたいことが、そのままありました。
この手の欲しい情報はgithubが良い。片言の英語でもなんとか探せる。

github esp32cam-gdrive

[PR]

webカメラのシステムの概要

ESP32-CAMで撮影 → GoogleDrive の scriptを叩く → データをアップロード

を2分間隔で繰り返す。

ESP32のスケッチはhttps://github.com/gsampallo/esp32cam-gdriveを参照してください。

SSIDとパスの設定は9行目付近

const char* ssid = "SSID"; //your network SSID
const char* password = "PASSWORD"; //your network password

11行目で後述するスクリプトを指定します。

String myScript = "/macros/s/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX/exec"; //Replace with your own url

撮影間隔は101行目の

deray(60000)

を変更してください。1000=1秒です。

[PR]

Google Driveの設定

画像を保存するフォルダを作成する

Google Driveに転送用フォルダを作成します。とりあえず「ESP32-CAM」としておきました。

Google APPscript にコードを書き込む

次にスクリプトを設置します。 Googleが用意しているAPPscript にカメラからアクセスがあった場合の処理を書き込みます。

Google Drive → 新規 → その他 → Google APPscript

function doPost(e) {
var data = Utilities.base64Decode(e.parameters.data);
var nombreArchivo = Utilities.formatDate(new Date(), 'Asia/Tokyo', 'yyyyMMdd_HHmmss')+".jpg";
var blob = Utilities.newBlob(data, e.parameters.mimetype, nombreArchivo );

// Save the photo to Google Drive
var folder, folders = DriveApp.getFoldersByName("ESP32-CAM");
if (folders.hasNext()) {
folder = folders.next();
} else {
folder = DriveApp.createFolder("ESP32-CAM");
}
var file = folder.createFile(blob);
return ContentService.createTextOutput('Completo')
}

を書き込んだら適当な名前で登録

公開 → アプリの公開

WebカメラとGoogleDriveの画像

Execute the app as: → 自分のアドレス

Who has access to the app → Aniyone even anonymous

要は、アップされた画像の所有権は自分だけで、app自体は誰がアクセスしてもいいよってことです。

ESP32をリセットして終了

ESP32-CAMの動作を確認してみる

先ほど作成したgoogleドライブの「ESP32-CAM」フォルダに画像が転送されていれば成功です。

WebカメラからGoogleDrive に転送された画像

完璧に動作しました。

ESP32を使った自作カメラの作り方はこちら

自作だと撮影間隔やデータの転送先など自由に使えるので便利です。

ESP32-CAMを使ったタイムラプス

こちらは、SDカードに保存できるので、Wifiの環境がなくても使用することができます。

使っているカメラ

参考サイト

(Visited 654 times, 140 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました